PR

「Debian GNU/Linux 11(Bullseye)」リリース

2021年8月16日(月)

Debian Projectは8月14日(現地時間)、LinuxディストリビューションDebian GNU/Linuxの最新版「Debian GNU/Linux 11.0」(コードネームBullseye)を正式リリースした。

Bullseyeではcontrol groups v2(cgroups-v2)をサポートし、systemdがデフォルトでcgroups-v2を使用するようになった。他に、永続的systemdジャーナル機能がデフォルトで有効になり、ドライバレスでのスキャンと印刷をサポートしたほか、kernelによる exFAT サポートが搭載されるなど、数多くの変更が加わっている。

Bullseyeがサポートされているアーキテクチャは、 amd64、i386、Intel IA-64(ia64)、SPARC、MIPS、mps64el ppc64el、IBM S/390、AMD64、armel、arm64、ARMv7、ppc64elなど。Bullseyeは、通常のインストールメディアに加え、CD-ROMやUSBメモリなどのライブイメージでも起動できる。

「Debian GNU/Linux 11.0」(Bullseye)は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック