PR

NTTデータ先端技術、統合運用管理ソフト「Hinemos 7.0」を発表、2022年3月提供開始

2021年10月28日(木)

 NTTデータ先端技術は10月14日、統合運用管理ソフトウェア「Hinemos」の最新版、「Hinemos 7.0」を2022年3月より提供開始すると発表した。

 「Hinemos」は、統合運用管理に必要な機能をワンパッケージで提供する統合運用管理ソフトウェアであり、基本機能はオープンソース化されている。運用管理の各機能が連携されておりシームレスな管理が可能となっているほか、製品の導入・維持管理が容易であり、運用のコスト削減が可能になるという。

 「Hinemos 7.0」では、ルールエンジンの活用によってインテリジェントなアラートと自動化を実現する「メッセージフィルタ」機能が搭載されたほか、ソフトウェアによってモニタリングとロギングを定義および制御する「SDML(Software Defined Monitoring and Logging)」の装備、「WinActor管理機能」が「RPA管理機能」に強化されるなど、複数の機能強化が施されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
Hinemos
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る