PR

JetBrains、新しい軽量IDE「Fleet」を発表

2021年12月9日(木)

 JetBrainsは11月29日(現地時間)、新しい軽量IDE(統合開発環境)「Fleet」を発表した。

「Fleet」では、IDEのフロントエンドとバックエンドを分離し、デベロッパーがインターフェイスを使用するマシン、ソースコード、ツールチェーン、IDEバックエンドを管理するマシンを分けることが可能。新しいランチャ「JetBrains Gateway IDE」を利用することで、SSHを介してリモートマシンと接続する。なお、現時点ではLinuxベースの物理マシン・仮想マシンのみサポートされている。

 「JetBrains Client」はユーザインターフェイスであり、ローカルで動作する。リモート開発も可能だが、制約は多い。「JetBrains Gateway」には「IntelliJ IDEA Ultimate」、「PyCharm Professional」「GoLand」「PhpStorm」「RubyMine」がバンドルされ、「CLion」と「WebStorm」がスタンドアロンで利用できる。

 「Fleet」は、「Java」「Kotlin」「Python」「Go」「JavaScript」「Rust」「TypeScript」「JSON」をサポートしており、近い将来「PHP」「C++」「C#」「HTML」に対応する予定もある。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る