PR

Windows 10/11でアップデート後にVPN接続が利用できなくなる不具合が発生

2022年1月17日(月)

Microsoftは1月13日(現地時間)、Windows 10/11でアップデート後にVPN接続が利用できなくなる不具合が発生したと発表した。

この不具合は、Windows Update(KB5009566、KB5009543)を適用するとVPN接続ができなくなるという報告を複数受け取ったという。この不具合は、
ベンダーIDを含んだIPSEC接続が動作しなくなるほか、L2TPやIPSEC IKE接続も同じように影響を受けるという。この問題は現在調査中であり、今後修正アップデートが提供される予定となっている。

影響を受けるのは、Windows 11、Windows 10、Windows Serverなど。なお、この問題はサーバ側でベンダーIDを無効にすることによって一時的に回避できるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る