PR

新しいLinuxのルートキット「Syslogk」が出現、Avastが注意喚起

2022年6月20日(月)

Avast Softwareは6月13日(現地時間)、新しいLinuxルートキット「Syslogk」が出現したと発表した。

「Syslogk」は、以前から存在するルートキット「Adore-Ng」がベースとなっている可能性が高いという。「Syslogk」には、アプリケーションからのルートキットの検出が困難になるような仕掛けがあるという。また、「Syslogk」には、リモートからコマンドを実行できるトロイの木馬型マルウェアも含まれており、悪意のある者がペイロードを任意に実行・停止させることができるようになっているという。

ルートキットは、高特権レベルで動作することから検知や駆除が困難なことが多い。システム管理者は、このようなマルウェアに注意することが求められる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
記事本文

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る