PR

「Apache OpenOffice 4.1.13」リリース

2022年7月31日(日)

Apache Software Foundationは7月22日(現地時間)、オープンソースのオフィススィート「Apache OpenOffice 4.1.13」をリリースした。

OpenOffice.orgは、StarDivisionによって開発されたStarSuiteをベースにしたオフィススイート。StarDivisionは1999年にSun Microsystemsに買収され、OpenOffice.orgは2000年にオープンソース化。2010年にOracleがSunを買収した後はOracleの下で開発が進められていた。2011年6月には、OpenOffice.orgはOracleがApache Software Foundation(ASF)に寄贈、その後Apacheインキュベータープロジェクトとなった。

「Apache OpenOffice 4.1.13」では、未保存のドキュメントに誤ったラベルが付与される問題など、複数の不具合修正、および安定性の向上が施されている。

「Apache OpenOffice 4.1.13」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
OpenOffice.org
リリースアナウンス
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る