PR

オープンソースのデータベース「MongoDB 3.2」リリース

2015年11月8日(日)

10genは11月3日(現地時間)、オープンソースのドキュメント指向データベース「MongoDB 3.2」をリリースした。

「MongoDB」は、C++で実装されたオープンソースのドキュメント指向データベース。RDBMSではなく、クエリ操作にSQLを利用しない「NoSQL」型データベース。BSONと呼ばれるバイナリ形式でドキュメントを表現し、そのコレクションを利用してデータの集計や操作を実現する。

「MongoDB 3.2」では、新しいストレージエンジンが追加されており、用途に合わせてエンジンを選択できるようになったほか、暗号化などセキュリティ面でも強化が施されるなど、多くの変更が加えられている。

対応OSは、Windows、Mac OS X、Linux、Solarisなど。MongoDBのソースコードとバイナリは、Webサイトで公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています