PR

無線接続するキーボードやマウスなどの入力機器に脆弱性、傍受・不正操作の恐れ

2016年2月29日(月)

JVNは2月25日、無線接続するキーボードやマウスなどの入力機器に、傍受や不正操作などを受ける脆弱性が存在すると発表した。

この脆弱性は、無線接続を行う特定のキーボード・マウスに存在する。複数の開発者が提供している無線接続のキーボードやマウスなどの入力機器に、安全でない無線通信プロトコルを使用しているという。なお、Bluetoothの無線機器は同脆弱性の影響を受けない。

現在、ロジクールはこの問題を修正するファームウェアアップデートを提供しているという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JVNによる注意喚起
影響を受ける製品一覧

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

無線接続するキーボードやマウスなどの入力機器に脆弱性、傍受・不正操作の恐れ | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。