PR

CoreOS、Linuxコンテナ実行エンジン「rkt 1.3」リリース

2016年4月13日(水)

CoreOSは4月6日(現地時間)、Linuxコンテナ実行環境「rkt 1.3」をリリースした。

「rkt」は、セキュリティを重視したコンテナ実行エンジン。開発当初は「Rocket」という名前で公表されていた。KVMベースのコンテナ分離、SELinuxのサポート、TPMの統合、イメージ署名、セキュリティを特徴とする。

「rkt 1.3」では、アプリケーションコンテナのエラー処理を改善したほか、ポッドモジュラーのセキュリティ強化、Kubernetesとの連携も強化した。その他、Linuxディストリビューションのサポートも強化している。

「rkt 1.3」は、GitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
rkt

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る