PR

CoreOS、Linuxコンテナ実行エンジン「rkt 1.3」リリース

2016年4月13日(水)

CoreOSは4月6日(現地時間)、Linuxコンテナ実行環境「rkt 1.3」をリリースした。

「rkt」は、セキュリティを重視したコンテナ実行エンジン。開発当初は「Rocket」という名前で公表されていた。KVMベースのコンテナ分離、SELinuxのサポート、TPMの統合、イメージ署名、セキュリティを特徴とする。

「rkt 1.3」では、アプリケーションコンテナのエラー処理を改善したほか、ポッドモジュラーのセキュリティ強化、Kubernetesとの連携も強化した。その他、Linuxディストリビューションのサポートも強化している。

「rkt 1.3」は、GitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
rkt

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

CoreOS、Linuxコンテナ実行エンジン「rkt 1.3」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。