PR

コンテナ向け「Fedora CoreOS」のプレビュー版がリリース

2019年7月25日(木)

 Fedora Projectは7月24日(現地時間)、Fedoraの新しいエディション「Fedora CoreOS」のプレビュー版をリリースした。

 「Fedora CoreOS」は、コンテナ向けのエディション。コンテナでワークロードを安定して動作させることに主眼を置いたOSとなっており、Red Hatが買収した「CoreOS」の技術がマージされている。「Container Linux」の基本構想がベースとなっており、Open Container Initiative(OCI)をサポートしている。自動アップデート機能も利用できる。

 プレビュー版は未だ機能の安定性に問題があり、テストなどの利用を想定している。実用での利用は推奨されない。プレビュー版は6か月を予定としており、その期間を過ぎてから安定版をリリースする予定。

「Fedora CoreOS」のプレビュー版はWebサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Guide

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

コンテナ向け「Fedora CoreOS」のプレビュー版がリリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。