PR

NEC、中規模仮想化基盤向けクラウド共通基盤パッケージを発売

2012年8月31日(金)

NECは8月30日、クラウド共通基盤パッケージ「Cloud Platform Suite」(クラウド・プラットフォーム・スイート)において、中規模の仮想化基盤構築向けの新製品「Cloud Platform Suite(以下CPS)スタンダードパッケージR2」を発売開始した。

「CPSスタンダードパッケージR2」は、事前に設計・検証を実施した製品(サーバー、ストレージなどのハードウェアとOS、仮想化ソフトなどのソフトウェア)、初期構築、説明書、運用ガイドラインなどのドキュメントをまとめて提供する、クラウド共通基盤構築のセット製品。増設が必要な場合でも、増設ユニット(ブレードサーバー、ストレージ等)を追加するだけで容易にシステムを拡張することが可能。希望小売価格は2,900万円(税別)から。

CPSスタンダードパッケージR2では、仮想マシン構成(CPUコア数、メモリ容量、OS領域等)のパターンをテンプレートとして用意しており、このテンプレートを使用することで、事前に定めたモニタリング方式で管理可能となる。これにより、運用時に空きリソースの管理が容易になり、空きリソースを別の仮想マシンに割り当てるなどのリソースの効率的な使用が可能。

事前にシステム拡張を想定した設計・検証を行っているため、サーバー1台のセット製品から導入でき、スモールスタートが可能。システムの拡張計画や機器のリース契約状況に合わせた段階的な増設など、計画的なIT投資が可能となる。

バックアップストレージとして、従来のテープ装置に加えて、重複排除技術を搭載したディスクバックアップ用ストレージ「iStorage HS3シリーズ」を選択可能。遠隔バックアップサービス(注4)と組み合わせることで、災害に備えた遠隔地へのリモートバックアップを低コストで実現可能で、災害対策の多様なニーズに応える。


NEC
http://jpn.nec.com/

ニュースリリース
http://jpn.nec.com/press/201208/20120830_01.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック