PR

NTTデータ、DBサーバー構築ノウハウをパッケージ化して提供

2012年9月15日(土)

NTTデータは9月13日、ハイブリッドクラウドに対応したデータベースサーバー「PRORIZER DBサーバー GresCube」(以下、GresCube)を2012年内に提供開始すると発表した。

GresCubeは、同社のシステム基盤構築ソリューション「PRORIZE」のノウハウをベースとする、信頼性を高めたOSSベースのDBサーバー。自社環境と遠隔地、またはクラウド上に構築したバックアップサイト間のデータ連携機能に対応する。従来は難易度が高かったOSSでのDR対策など、高い事業継続性が必要なシステム環境も、専門的な知識不要で容易に構築することが可能となる。

提供形態は、システム個別に要件を設定したインストールメディアで、最短3日で納品が可能。従来は利用者の自己責任で利用していたOSSを、NTTデータの専門組織がサポートすることで安心して利用できる。これらにより設計・構築・運用コストの大幅な削減ができ、同等製品と比較して5年分のTCOを最大で50%削減することが可能という。

PRORIZE DBサーバー GresCubeの概要は下記の通り。

・システム要件に合わせた基本設定済みでの提供

導入ヒアリングシートに記入されたシステム固有情報を基にDBサーバーの基本設定を実施。設定はNTTデータが過去に蓄積したノウハウを元に導き出した最適なパラメーターを適用。利用者はインストールメディアから、サーバー機にインストール、初期設定するだけで利用可能。

・レプリケーション機能を活用したクラスタリング構成

PostgreSQLの機能であるレプリケーション機能(複数台のサーバーでデータを同じ状態に保つ機能)と、HAクラスタソフトウェア(障害を検知し、正常に動作するサーバーに切り替えを行うソフトウェア)を組み合わせ、従来用いていた、複数のサーバー間でデータを共有する外部ディスクを用いず、高速にサーバーの切り替えを実現する。これにより、共有ディスクを用いてクラスタリングする構成と比較して、故障発生時の業務停止時間を短縮でき、ハードの購入・保守費用も節約できる。DR対策としてレプリケーション機能を利用することで、遠隔地もしくはクラウド上に構築したDBサーバーにデータをバックアップし、万一の場合の事業継続性を高める。

・サーバー運用サポートツールの提供

サーバーの操作は視覚的な操作が可能なGUIを通じて行うことができ、サーバーのリソース状況やログ取得を手軽に実施するためのツールが利用可能。

・専任組織によるサポート

オープンソースDBの開発をリードする技術者を中心とした専任組織によるサポートサービスを利用でき、万全の態勢でシステム開発とシステム運用をサポート。

・低価格

業界で標準的に利用されている同等水準のDB製品を利用したシステムと比較した場合、5年間のTCO(ITシステムの導入、維持管理などに掛かる総費用)を最大50%削減可能。


NTTデータ
http://www.nttdata.com/jp/

プレスリリース
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2012/091300.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック