PR

NTTデータ、米Twitter社とツイートデータ提供に関するFirehose契約を締結

2012年9月29日(土)

NTTデータは9月27日、精度の高いソーシャルメディア活用サービスの提供に向け、米Twitter社とツイートデータ提供に関するFirehose契約を締結することで合意した。これによりNTTデータは、米Twitter社が提供するAPI「Firehose」を通じて、日本語のツイートデータおよび日本国内で書き込まれたすべてのツイートデータを取得し、提供することが可能となる。

Firehoseとは、公開されているすべてのツイートデータ(本契約では、日本語のツイートデータおよび日本国内で書き込まれたすべてのツイートデータ)をリアルタイムに取得できるAPI、またはそのAPIにアクセスできる権利を意味する。NTTデータでは、米Twitter社が提供するAPI「Firehose」を通じて取得・蓄積した、日本語のツイートデータおよび日本国内で書き込まれたすべてのツイートデータを提供できる権利を取得。今後は、公開APIよりも大量、高精度、高付加価値なツイートデータを提供可能なサービスプラットフォームの開発を行い、2012年12月初旬から本サービスの提供を開始する予定。サービスの提供開始に先駆け、2012年11月初旬にサービス内容の詳細について発表を行う。さらに、ソーシャルメディア関連のツールやサービスを提供している企業へ本プラットフォームからツイートデータを提供するとともに、ユーザー企業のソーシャルメディアやビッグデータの活用を積極的に支援していくという。

本プラットフォームでは、ツイートデータの全量、サンプル、任意のキーワード等で抽出されたツイートデータを、API経由またはGUIで、リアルタイムに提供することに加え、過去データについても提供する。本サービスでは、NTTの研究所である、ソフトウェアイノベーションセンタとプリファードインフラストラクチャーが共同開発した大量データのリアルタイム分析を可能とする「Jubatus」を採用し、各ツイートデータに独自の情報種別のタグ付けを行う。これにより、特定のブランド/商品/出来事等に関連するツイートデータをより広範囲・高精度で抽出・分析することが可能となり、ユーザー企業が期待するさまざまな分析ニーズに的確に応えられるようになる。これまで「なずきのおと」を通じて提供しているツイートデータの定量/定性の分析データ(好評/不評、感性等に関する統計情報)も、より充実したサービスメニューのもとで提供することが可能となる。


NTTデータ
http://www.nttdata.com/jp/

ニュースリリース
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2012/092700.html

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る