PR

EMCジャパン、エントリー向けユニファイド・ストレージ「VNXe3150」を提供開始

2012年10月2日(火)

EMCジャパンは10月1日、ユニファイド・ストレージ「VNXファミリー」のエントリー・モデル「VNXe (ヴィエヌエックスイー) 」 シリーズに、SSDの搭載が可能な「VNXe 3150」を追加し、販売を開始した。あわせて、ミッドレンジ・ストレージ「VNXシリーズ」の最新のソフトウェアの提供も開始した。

VNXe3150は、クアッドコアの新しいプロセッサーを採用し、かつSSDの搭載が可能になったハイスペック構成ながらも、84万円からの価格で導入可能なエントリー・モデルのストレージ。既存の「VNXeシリーズ」のシンプルな環境はそのままで、2.5インチのSSDドライブや、3TBのNL-SASドライブにも対応し、ラックユニットあたりのパフォーマンスと容量を50%アップした。クラウドコンピューティングおよび仮想化アプリケーション用に最適化されており、IT管理者による仮想環境の管理を簡素化する。

ミッドレンジ・ストレージ「VNXシリーズ」の最新ソフトウェアでは、ストレージ・プールと新しいスナップショットの2つの機能が追加された。
 ストレージ・プールの新機能は、ストレージ・プール内で複数のRAIDタイプを組み合わせることによって、最大限の効率と最高の保護環境を実現する機能。たとえば、フラッシュにはRAID 5を、NL-SASにはRAID 6といったように、フレキシブルな組み合わせが可能となる。新しいスナップショット機能は、LUN(論理ユニット番号)あたり256の書込み可能スナップショットをサポートする。Snap of Snap機能で、テスト、開発、ディスクバックアップに最適な環境を提供する。


EMCジャパン
http://japan.emc.com/

ニュースリリース
http://japan.emc.com/about/news/press/japan/2012/20121001-1.htm

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック