PR

日本マイクロソフト、「Microsoft SQL Server SSD Appliance」を6社より提供開始

2012年12月19日(水)

日本マイクロソフトは12月17日、SCSK、ソフトバンク・テクノロジー、デル、東芝ソリューション、日本ヒューレット・パッカード、日本ユニシスの計6社とともに、様々な分野でのビッグデータの活用を推進するために、「Microsoft SQL Server 2012 Enterprise エディション」(以下 SQL Server 2012 Enterprise) をベースとした超高速データベースマシン「Microsoft SQL Server SSD Appliance」を順次提供開始することを発表した。

SQL Server SSD Appliance は、すべてのデータ領域にフラッシュメモリストレージを採用することで、瞬時にデータの読み書きを行うトランザクション処理にも、大量データを高速に読み取るデータウェアハウス処理にも対応できる、ビッグデータの利活用に最適な超高速データベースマシン。各社が提供するハードウェア構成は、SQL Server 2012 Enterpriseに最適化されているため、設計やチューニングを行うことなく、様々なワークロードに最適なパフォーマンスを提供できる。

フラッシュメモリストレージは、ハードディスクに比べて高速に読み書きできる半面、高価で初期導入コストがかかることが、採用の障壁になっていた。また、一般的なデータベースアプライアンス製品は、専用のハードウェア以外の組み合わせを選べないことから、非常に価格が高いという問題があった。SQL Server SSD Applianceは、汎用性が高いハードウェアと SQL Server 2012 Enterpriseを組み合わせることで、ユーザーの環境に適したモデルを低コストで導入できる。


日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=4231

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック