PR

NEC、データセンター向け小型バッテリー内蔵の省電力サーバーを発売

2012年12月20日(木)

NECは12月19日、データセンター向け省電力サーバー「Express5800/ECO CENTER」において、小型バッテリー内蔵のラックサーバー「Express5800/E120d-1」を販売開始した。

「Express5800/E120d-1」は、小型バッテリーを内蔵し、データセンターでは不可欠であった大型または外付けのUPSなしで、停電時の対策を可能とする。NEC独自のファン回転数制御やエアフロー設計などにより、サーバー単体で、従来モデル比最大14%の消費電力削減が可能。さらに、新製品が複数台稼動するラック単位に、大型UPSを通さず電力供給することで変換ロスを削減し、ラックあたり最大5%、合計で最大18%の省電力化を実現する(NEC調べ)。希望小売価格は316,000円から(税別)。

「Express5800/E120d-1」の主な特長は次の通り。

・電力変換ロス削減と省電力設計により最大18%省電力化
NEC独自のファン回転数制御やエアフロー設計などにより、サーバー単体で、従来モデル比で最大14%の省電力化を実現。大型UPS導入の場合、商用電源から個々のIT機器までの給電の間に、AC⇒DC変換が複数回繰り返されることで、変換ロスが発生するが、小型バッテリー内蔵のIT機器の場合、大型UPSを通さずに直接給電できることで、2回分の変換をなくすことが可能で、ラックあたり最大5%の省電力化を実現。サーバー単体の省電力化と合わせて、最大18%の省電力化を実現する。

・小型で長寿命なバッテリーを内蔵し、省スペース化を実現
ニッケル水素バッテリを最大2台まで搭載可能で、約5年間の交換が不要。大型または外付けのUPSでは1~3年でバッテリー交換が必要なため、本製品の導入によりコストの削減に繋がる。本製品を導入することで、従来ラックに搭載していた外付けUPSを削減可能で、最大で設置スペースを2分の1に削減できる。

・停電時自動パワーキャッピングにより最大2倍の稼働時間保持
EXPRESSSCOPEエンジンの標準機能により、リモートでバッテリーの状態監視および電源供給の状態に応じたサーバ制御が可能。停電検出時に自動的にパワーキャッピングをかける設定を行うことで、通常稼動時と比較して、停電時のバッテリ稼働時間を最大2倍に伸ばすことができる。これにより、仮想環境等、サーバーシャットダウンに必要とされる時間が長い場合でも、十分な稼働時間保持が可能となる。

あわせて、省電力/高密度なデータセンター向けモジュラー型サーバのラインアップにインテル Xeonプロセッサー搭載の1ソケットモデル「Express5800/E110d-M」を追加し発売を開始した。希望小売価格は201,000円から(税別)。


NEC
http://jpn.nec.com/

ニュースリリース
http://jpn.nec.com/press/201212/20121219_01.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック