PR

IIJ、ネットワーク機能に課金する業界初のビジネスモデルを開始

2013年1月25日(金)

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は1月22日、機器(サービスアダプタ)を無償提供し、機能に課金する新しいビジネスモデルを、ネットワークサービスとして提供開始すると発表した。

自動接続、完全管理の仕組みをOEM提供するためのネットワーク管理サービス「SACM」に、新たに「レシピ」機能を追加し、サービス事業者向けに2013年2月14日より提供を開始する。VPNや無線LANの機能などを「レシピ」と呼び、ユーザーが必要とするレシピだけをSACMシステム側から、新開発のサービスアダプタ「SA-W1」へ提供し、月額課金を行うもの。

ユーザー宅内に設置するサービスアダプタ(SA-W1)は無償提供されるため、機器を購入せずに、必要な期間だけ、必要なネットワークを安価に構築することができる。既存のVPNサービス等と比較して、大幅に低価格な料金で提案が可能。

ネットワークを構築するのに必要な機器と機能、そして容易にネットワークの設定ができる構成テンプレートを、IIJからサービス事業者に一括で提供する。サービス事業者は構成テンプレートの変数に必要なパラメータを入れるだけで、迅速にネットワークを構築可能となる。

第一弾として提供されるレシピは、各種回線に対応したインターネット接続とVPNによる拠点間通信機能を提供する「IPsec-VPNレシピ」、PCやスマートデバイスが無線LANに接続するためのアクセスポイント機能を提供する「無線APレシピ」の2つ。今後は、「L2-VPNレシピ」、「LTE+3Gモバイルアクセス冗長レシピ」、「mrubyスクリプトレシピ」や「WAN高速化レシピ」等の提供を予定している。

今後、OEM先の一つであるグループ会社のIIJグローバルソリューションズが、本サービス基盤を利用した法人向けサービスの提供を予定しているという。



Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

IIJ、ネットワーク機能に課金する業界初のビジネスモデルを開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。