PR

NEC、バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ」の新製品とバックアップサービスを提供開始

2013年3月16日(土)

NECは3月13日、バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ(HYDRAstor)」において、書き込み処理性能を同社従来機比最大2倍、容量を最大5倍にし、膨大なバックアップデータの高速格納を実現した新製品2モデルを、日本および米国で販売し、順次アジア、欧州へ展開すると発表した。あわせて、日本では、新製品を用いたバックアップサービスも月額9万円(7TB)から提供開始する。

「iStorage HSシリーズ」は、NEC独自のグリッド・ストレージ技術を生かしたシステムの柔軟な拡張性、重複排除技術による高いデータ圧縮性、分散冗長配置技術による高い信頼性を有し、基幹システムやビッグデータ活用等のデータの高速格納、長期保管が求められるシステムに最適なバックアップストレージ。

重複排除技術によるデータ容量の最小化とレプリケーション機能の組み合わせにより、コストを抑えた災害対策(遠隔地保管)バックアップにも適している。

新製品2モデルは、1ノードの最小構成から最大60ノードまで柔軟な拡張構成が可能なスケールアウトモデル「iStorage HS8-40」と、1ノード構成で導入コストが抑えられるシングルノードモデル「iStorage HS3-40」。

新製品の主な特長は以下の通り。

・高性能と柔軟な拡張性を両立

書き込み処理性能を従来機比最大2倍に向上
 最新CPUの搭載、および、NEC独自のマルチコアCPUに対する最適分散処理設計により、従来機比最大2倍の処理性能を実現。これにより、高速なバックアップやリストア処理が可能。

スケールアウトモデルで従来機比5倍の最大容量と柔軟な拡張構成を実現
 従来機で別ノードに搭載していた、通信・データ圧縮処理機能と、データ保管機能を1つのノード(ハイブリッドノード)に搭載することで、最小1ノードからの構成(従来機は最小3ノードからの構成)を実現。さらに、搭載ディスクドライブ容量を従来の1TBから4TBに拡大。システム拡張に合わせた性能や容量に応じたノードの増設を可能とし、最大60ノードで従来機比5倍(注1)の論理容量37.4PB(物理容量2.8PB)を実現。

・業界最安値水準でバックアップサービスを開始

 災害対策やBCPへの対応として、遠隔地バックアップを検討するお客様向けに、NECのデータセンタを利用する業界最安値水準の月額料金9万円(7TB)からの遠隔バックアップサービスを提供。
 遠隔バックアップシステムを独自に保有するには、保管先の準備等の初期コストがかかることから、遠隔バックアップを部門システムなど一部のデータで試行し、データ全体に適用するというお客様に最適。



Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

NEC、バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ」の新製品とバックアップサービスを提供開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。