PR

日本HP、モバイル対応機能を拡張した自動機能テストツールの新バージョンを発表

2013年3月28日(木)

日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は3月26日、アプリケーションライフサイクル管理(以下、ALM)ソリューションのラインアップを強化し、スマートフォンやタブレット端末等のモバイル対応機能をさらに拡張した自動機能テストツールの新バージョン「HP Unified Functional Testing 11.5」と、そのモバイル実機テスト拡張ソリューション「HP Unified Functional Testing Mobile」を発表した。

「HP Unified Functional Testing 11.5」では、従来まで個別製品をセットで提供していたGUIアプリの自動機能テストツール「HP QuickTest Professional」とバックグラウンド実行される非GUIサービス対象の自動機能テストツール「HP Service Test」を完全に製品統合し、それぞれの機能テストを1つのインターフェイス上から実行・管理することが可能になった。

イメージベースでオブジェクト認識を行う新機能「インサイト」の搭載、チェックポイント機能の強化、CI(継続的インテグレーション)ツールとの統合など、大幅な機能拡張を実現し、増大するモバイルアプリケーション開発における機能テストの工数とコスト削減を支援する。

「HP Unified Functional Testing Mobile」は、テスト対象となるモバイル機器の実機を取り付けて多数のテスト実行者で共有できるクラウドサービスを付帯した拡張ソリューション。

日本HPでは、提供中の自動性能テストツール「HP LoadRunner 11.5」、サービスシミュレーションツール「HP Service Virtualization 2.3」と合わせて、HPのアプリケーションテスト製品全体でモバイル対応のさらなる強化・拡張を実現し、ユーザーのモバイルアプリケーション開発全体の効率化に貢献していく。



Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック