PR

IIJ、完全従量課金制のCDN「IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービス」を提供開始

2013年4月17日(水)

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は4月15日、高品質で安定したコンテンツ配信プラットフォームを完全従量課金制にて提供する「IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービス」を提供開始した。

IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービスは、IIJの大容量バックボーンに直結した大規模な配信プラットフォームを利用し、高速かつ安定的にWebコンテンツをユーザーに配信するためのCDN(Contents Delivery Network)サービス。IIJの配信設備にユーザーのWebコンテンツのデータをキャッシュし、閲覧者へ配信する。本サービスを利用することにより、自社のサーバーに負荷をかけることなくWebコンテンツの配信が可能になる。将来のトラフィック増加や急なアクセス集中を想定して、大量の配信サーバーを用意する必要がなくなり、Webサイト運用の負荷とコストを削減できる。

IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービスの特長は以下の通り。

初期費用・月額基本料金0円のシンプルかつ廉価な料金体系

従来のWebコンテンツ配信サービスの多くは、転送量に応じた従量課金の他に、月額基本料金やリクエスト数に応じたリクエスト課金、データ保管に伴うストレージ料金など、料金体系が複雑でコスト試算が困難だった。本サービスは、データ転送量に応じた従量課金制(15円/1GB)のシンプルな料金体系で、初期費用・月額基本料金は不要。最低利用期間も設定していないため、ユーザーは必要な時に必要な分だけサービスを利用することができ、無駄なコストを抑制できる。

独自ドメインでのSSL暗号化通信(HTTPS)に対応(2013年5月以降提供開始予定)

本サービスは独自ドメインによるSSL暗号化通信に対応しているため、問い合わせフォームやECサイトの決済フォームなど、情報の秘匿性を高く保つ必要があるWebページにも利用可能。現在利用中のドメイン名を変更せずに、本サービスを利用してSSL対応のセキュアなWebサイトを運用できる。2013年5月にHTTPSプロキシ(HTTPSコンテンツはキャッシュせず、配信元オリジンサーバへ転送)に対応し、2013年夏にはキャッシュ配信に対応する予定。なお、SSL暗号化通信の配信をするためには、別途「IIJサーバ証明書管理サービス」の申し込みが必要となる。

広帯域・高性能な配信設備により、最大20GBの大容量ファイル配信にも対応

本サービスの設備は国内最大規模のIIJバックボーンに直結したデータセンターに置かれ、複数の主要ISPと直接接続、経路交換を行うため、ネットワークの遅延を最小限に抑え、快適なWeb閲覧環境を実現する。高度なキャッシュ技術により最大20GBのファイルを配信することが可能になった。本サービスを利用することで、ユーザーは新たな設備投資をすることなく、大容量のコンテンツを安定的に配信できるようになる。

DDoS攻撃対策機能を標準で提供

近年、企業や公的機関を狙ったDDoS攻撃は日常化しており、ポータルサイトや企業のWebサイトがサービス停止に追い込まれるケースも発生している。本サービスでは、IIJの定型ルールに基づくDDoS攻撃対策機能を標準で提供する。さらに、ユーザー個別の要望に応じて行う高度なDDoS対策にもオプション(有償)にて対応する。


インターネットイニシアティブ
http://www.iij.ad.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック