PR

OSSコンソーシアム、COBOLコンパイラの新バージョンと新ツールを発表

2013年4月27日(土)

OSSコンソーシアムは4月25日、オープンソースソフトウェア(以下、OSS)のCOBOLコンパイラ「OpenCOBOL」を日本のビジネスシーンで利用できるようにカスタマイズしてきた「opensource COBOL」の新バージョン(V1.3J)をリリースした。2013年5月下旬には、基幹システムを構築していくうえで必要となる開発支援ツールをリリースするとともに、それらの活用事例を紹介するセミナーを5/24に開催する。

今回のバージョンアップ内容は主に以下の通り。

  • ユニコード(UTF-8)機能のサポート
  • 既存のCOBOL資産で使われている文や関数などのサポート
  • (opensource COBOL V1.2Jからの)バグフィックス

今回新たに、基幹システムを構築していくうえで必要となる開発支援ツールを開発した。第一弾として、COBOLの開発に必要なデバッガとOSSのRDBMSであるPostgreSQLとの連携を支援するツールを2013年5月下旬にリリースする。

opensource COBOLデバッガ(デバッガツール)

  • 行レベルでのSTOP、RUN、STEP実行機能
  • ターゲットリモートモニタリング機能
  • COBOL項目名での変数内容モニタをサポート
埋込みSQLプリコンパイラ(PostgreSQL連携ツール)

  • COBOLの埋め込みSQL(EXEC SQL文)をプリコンパイルし、opensource COBOLコンパイラ用のCOBOLコードを生成
  • OSSのRDBMS PostgreSQLとの連携をサポート
    DDLやDMLはもちろんカーソル操作も可能(libpqの"PQExec"で実行できるSQLすべて)


OSSコンソーシアム
http://www.osscons.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック