PR

アジャイル開発企業間アライアンス「日本エンタープライズ・アジャイル・トランスフォーメーション」が発足

2013年6月5日(水)

NTTデータと、バンダイナムコスタジオ、NECビッグローブ、ヤフーの4社は6月3日、アジャイル開発の組織導入のノウハウを共有することを目的に、企業間アライアンス「日本エンタープライズ・アジャイル・トランスフォーメーション」を設立した。加盟企業各社は、激しさを増すビジネス環境の変化に適応し、価値あるサービスをより迅速かつ柔軟に提供し続けるために、アジャイル開発に関する研修の共有や導入ノウハウの蓄積を行い、各企業における開発力・課題解決力を高め合うことを目指す。

加盟企業4社がこれまで行ってきたアジャイル開発推進の取り組みの中には、新しい方法論を認知させていくための共通する課題も多く、これらの課題を解決へ導くベストプラクティスの共有が可能で、このベストプラクティスによって、各企業が適切な開発方法を選択し利用することを促進できる。適切な開発方法の選択と利用によって開発の効率化を促し、各社が提供するサービス・商品への高付加価値の付与へ寄与することを狙う。この目的の下、加盟企業4社は今回アジャイル開発企業間アライアンス「日本エンタープライズ・アジャイル・トランスフォーメーション」を設立した。加盟企業が独自に整備してきたアジャイル開発導入の取り組みを相互補完することにより、各社の開発力・課題解決力を高め、価値あるサービスをより俊敏かつ柔軟に提供することを目指す。

予定される活動内容は以下の通り。

・アジャイル開発の推進者視点での普及ノウハウの共有

アジャイル開発を浸透・定着させるために行った事例を各社共有し、互いの推進業務に役立てる

・アジャイル開発浸透・定着のベストプラクティスを形式知化

上の共通点をベストプラクティスとしてまとめ、浸透・定着の基盤を整えることで推進業務の効率化を図る

・アジャイル開発人材の共同育成

アジャイル開発に関するトレーニングプログラム等を共同開発し、各社における教育コストの削減を狙う

・アジャイル開発に適した開発体制・組織体制の探求

アジャイル開発のメリットを最大限に生かす組織構成や環境、人材マネジメント方法等を調査研究する

・共同イベントの開催

蓄積された事例や知見を公開することで、知の循環を生み出し、次の飛躍を希求する




バンダイナムコスタジオ
http://www.bandainamcostudios.co.jp/

NECビッグローブ
http://www.biglobe.co.jp/


ニュースリリース(NTTデータ) http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2013/060300.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック