PR

ニフティ、「ニフティクラウド」のインフラ環境構築を自動化する機能のベータ版を提供開始

2013年6月6日(木)

ニフティは6月4日、パブリック型クラウドコンピューティングサービス「ニフティクラウド」で、サーバー、ファイアウォール、ロードバランサーなど、インフラ環境の構築を自動化する「Cloud Automation β(クラウドオートメーションベータ)」を提供開始した。同時に、8vCPUのサーバータイプ「wlarge」の追加や高性能な追加ディスク「フラッシュドライブ(SSD)」の提供などの機能拡充を行った。

「Cloud Automation β」は、サーバー、ファイアウォール、ロードバランサーなど、インフラ環境の構成や設定を、テキスト形式(JSON)のテンプレートを用いてコントロールパネルから一括で行える機能。これにより、従来手動で行っていた作業を自動化することができる。テンプレートを再利用することで、同じ構成や設定のインフラ環境を簡単に構築することができる。さらに、「ニフティクラウド」でよく利用される構成や設定のサンプルテンプレートを用意し、環境構築の手間の軽減および迅速化を支援する。利用料金は無料。今後は、正式版に向けて、環境構築の自動化だけでなく、システム運用を自動化する機能も提供する予定。

その他の主な機能拡充は以下の通り。

・8vCPUのサーバータイプ「wlarge」を追加

サーバーラインアップに高速演算処理を可能とする8コアのvCPUと最大64GBのメモリーを搭載したハイスペックのサーバータイプ「wlarge」を追加

・「フラッシュドライブ(SSD)」の提供

追加ディスクのラインアップにデータベースを高速に処理できる「フラッシュドライブ(SSD)」を追加

・「セキュアネットワーク」の機能追加

「セキュアネットワーク(http://cloud.nifty.com/service/snw.htm)」においてNATテーブルの設定とグローバルIPアドレスの利用が可能になった



ニフティクラウド
http://cloud.nifty.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック