PR

BIGLOBE、OpenFlow技術を活用してデータセンターの仮想化を実現

2013年4月24日(水)

NECビッグローブ(以下、BIGLOBE)は4月22日、サーバーとネットワークをソフトウェアで一括制御するデータセンターの仮想化を実現し、本年4月より運用を開始したと発表した。これまでのサーバー仮想化に加え、ネットワークも仮想化することで、従来約2週間を要していたサーバーやネットワーク(インフラ)の構築期間を約10分へと大幅に短縮した。

BIGLOBEでは、ネットワーク構築の課題を解決するSDN(Software-Defined Networking)化と、データセンターの仮想化により、スピーディーで柔軟性の高いインフラ構築を実現した。

BIGLOBEデータセンター仮想化の概要は以下の通り。

・NECのOpenFlow技術によりSDNを実現

SDNを実現するためのOpenFlow技術をベースに、NECが独自開発した「ProgrammableFlow」と共通の基盤を活用することで、BIGLOBEデータセンターのネットワークを仮想化。なお、SDNによる運用は2012年9月から開始。

・データセンター仮想化を実現するクラウドコントローラーを独自開発

仮想化したサーバーとネットワークを連携させ、一括制御するクラウドコントローラーをBIGLOBEが独自開発。これにより、データセンターの仮想化を実現し、本年4月から運用開始。従来、手動で行っていた“ネットワークリソースの確認”、 “機器1台1台へのIPアドレスやインタフェース番号の割り当て・設定”、“サーバーとネットワークの接続”をすべて自動化。サーバー台数、ネットワーク機器の種類など約10項目を入力するだけで、従来2週間かかっていたインフラ構築を約10分へと大幅に短縮。

・VXLANによる複数拠点の接続

仮想化したスイッチ間の接続にはトンネリングプロトコルであるVXLANを採用しているため、スイッチやルーターなど既存の物理ネットワーク装置の設定を変更することなく複数拠点を接続できる。例えば、企業内の基幹システムや、他社データセンター上にある既存システムと、BIGLOBEデータセンターに構築したサービスを接続することも可能。

・モジュール化により最新の機器や技術に柔軟に対応

クラウドコントローラーは、 “OpenFlowコントローラー”、“ネットワークサービスコントローラー”、“サーバコントローラー”など、制御する機能別にコントローラーをモジュール化(分割)。各コントローラーは個別に開発されており、機能ごとにバージョンアップできるため、新しい製品や規格、利用者のニーズの変化にいち早く対応できる。また、クラウドコントローラーはオープンソースを中心に開発しているため、ベンダーの端末に縛られることなく、様々な機器に対応できる。

BIGLOBEでは、OpenFlow技術のより高度な活用をすすめ、インフラ設計まで不要となる、さらに柔軟性の高いデータセンターの実現を目指す。サービスやアプリの提供スピード向上を実現するとともに、インフラ構築に必要な工数を削減することで、アプリやサービスの開発に専念できる環境を実現していくという。


NECビッグローブ
http://www.biglobe.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック