PR

富士通とサイボウズ、グループウェアのSaaS提供で協業

2013年6月22日(土)

富士通株とサイボウズは6月20日、サイボウズの提供するエンタープライズグループウェア「サイボウズ ガルーン」(以下、「ガルーン」)のSaaS提供において、協業することで合意したと発表した。

これにより、富士通は、国内トップシェアのグループウェア企業であるサイボウズの「ガルーン」を富士通パブリッククラウドサービスに搭載し、SaaS型サービスとして「FUJITSU ビジネスアプリケーション サイボウズ ガルーン SaaS」(以下、「サイボウズ ガルーン SaaS」)として提供する。

「サイボウズ ガルーン SaaS」は、パッケージ版「ガルーン」を、富士通パブリッククラウドサービスに搭載し、インフラ基盤からグループウェアまでインターネットを介して一元的に提供する。これにより、システムの構築期間や運用コストを気にせず、短期間でグループウェアを導入できる。本サービスは顧客ごとの環境を構築できるため、オリジナルの機能設定が可能になる。

「サイボウズ ガルーン SaaS」と既存システムを連携することで、業務に必要な既存の社内システムを「ガルーン」のポータルに集約し利用できる。これにより、社内に点在する各システムが一元化され、業務の迅速化、ユーザーの利便性の向上が図れる。それぞれの既存システムに対する認証連携やデータ連携、各種グループウェア連携などを富士通が技術支援していく。

富士通では、人気グループウェアをSaaSとして提供することで、富士通パブリッククラウドサービス利用の更なる拡大を図る。約300社以上のパッケージ版「ガルーン」導入で培ったシステム構築・運用ノウハウをベースに、「サイボウズ ガルーン SaaS」と、顧客の販売管理システムなどの既存システムとの連携を支援し、システムの最適化を推進する。

サイボウズでは、海外市場に向けたサービス展開において、富士通がグローバル6ヶ国に展開する富士通パブリッククラウドサービス上に「ガルーン」を搭載することで、アジア、東南アジア地域の企業だけでなく、より広範囲に事業を展開するグローバル企業に向けても、信頼性の高い均一なサービスを提供していく計画だ。





ニュースリリース(サイボウズ)
http://group.cybozu.jp/news/13062001.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック