PR

NTT Com、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn」の機能を強化

2013年7月31日(水)

NTTコミュニケーションズは7月29日、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn」(呼称:クラウド・エヌ)において、より大規模なシステム構築への対応と迅速な故障サポートを実現するため、8CPU・メモリ32GBまたは16CPU・メモリ64GBの仮想サーバーを利用可能な「ハイ・メモリオプション」と、故障発生時に24時間365日故障受付対応する「アドバンスト・サポート」を提供開始した。

Compute(FLATタイプ)の仮想サーバープランにおいて、8CPU・メモリ32GBの「プランv8(ハイ・メモリオプション)」と、16CPU・メモリ64GBの「プランv16(ハイ・メモリオプション)」の2つを追加。これにより、膨大なアクセスへの対応に高い安定性が要求されるソーシャルゲームや大規模WebサービスやECサイト、広告配信用アドネットワークなどの幅広いシステムの基盤や、ビッグデータ活用などにおいて、安価なクラウドサービスで利用できる。

ハイ・メモリオプションの利用料金は1時間単位の従量料金制。プランv8(ハイ・メモリオプション)が起動時91.77円/時間、停止時48.3円/時間で、月額上限料金は43,890円。プランv16(ハイ・メモリオプション)は起動時183.54円/時間、停止時96.6円/時間で、月額上限料金87,780円。(料金は税込)

通常サポートによる平日10時~17時の故障受付に加え、アドバンスト・サポートでは24時間365日の故障受付を行う。これにより、ミッションクリティカルなシステム基盤としても利用できる。アドバンスト・サポートの対象は、Compute(FLATタイプ)、Object Storage、Relational Database(RDB)、DNS、Load Balancing Advanced(LBA)、PaaS、File Storage、CDN、AutoScaling の各サービス。(Monitoring、Provisioningは対象外)。アドバンスト・サポートの利用料金は、サポート対象サービスの利用料金合計の5%。(最低料金5,250円)


NTTコミュニケーションズ
ニュースリリース

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック