PR

日本マイクロソフト、「Microsoft Windows Azure」の機能拡張とパートナー連携強化を発表

2013年4月19日(金)

日本マイクロソフトは4月17日、クラウドサービス「Microsoft Windows Azure」の機能拡張とパートナー連携の強化を発表した。

マイクロソフトは、米国時間4月16日より、パブリッククラウドサービスである「Windows Azure」の「インフラストラクチャ サービス」の正式な運用を開始した。インフラストラクチャ サービスには昨年からプレビュー版として提供していた、ユーザーがハードウェアやネットワークなどのインフラをインターネット上のサービスとして利用できる IaaSの「Windows Azure 仮想マシン」や、企業などのイントラネットとWindows Azureをより安全に接続する「Windows Azure 仮想ネットワーク」などが含まれる。

今回の機能拡張により、企業、団体などのユーザーが、Windows Azureをより幅広い用途で利用しやすくなったことから、日本マイクロソフトでは、Windows Azureの料金の値下げやパートナー支援プログラムの拡充なども併せて実施し、パートナー企業とともに、既存システムなどのクラウド化をより一層推進していく。

■主な新機能は以下の通り。

・Windows Azure 仮想マシン

Windows Azure仮想マシンは、Windows Azureのコンピューティングの1つで、仮想化されたサーバーOSを実行する機能。仮想マシンで実行できるOSは、Microsoft Windows Serverだけでなく、Ubuntu、openSUSE、SUSE Linux、Cent OSなどのLinuxも含まれる。仮想化技術は、Microsoft Hyper-Vをベースとしており、仮想ディスクのイメージファイル(VHD)に互換性があるため、オンプレミスのHyper-Vで動作している仮想マシンのVHDベースのディスクイメージを、Windows Azureにそのまま移動し実行できる。正式運用の開始により、Windows Azure仮想マシンは 99.95%のSLAを提供する。

・Windows Azure 仮想ネットワーク

Windows Azure仮想ネットワークは、Windows Azure上で仮想プライベートネットワーク (VPN) を提供し、イントラネットとの安全な接続を管理できる。仮想ネットワークを使用して、IT管理者は、DNSや仮想マシンのIPアドレス範囲の構成などのネットワーク接続を制御しながら、イントラネットをクラウドに拡張できるため、Windows Azure仮想マシンを利用したサーバーの増強や、オンプレミスとクラウドのハイブリッドソリューションを構築できる。

・メモリ集中型インスタンス

リレーショナルデータベースや、Microsoft SharePoint Serverなど、大容量メモリを必要とするサーバーアプリケーションを実行するためのサーバーインスタンスで、1インスタンスあたり最大56GBのメモリを搭載できる。

■料金の一部を値下げ

Windows Azureの利用料金の一部を値下げした。Linuxインスタンスを約25%値下げし「4.99円/時間」としたほか、クラウドサービス(PaaS)を約33%値下げし「6.65円/時間」に変更するなどしている。

■サポートメニューやパートナープログラム等の拡充

昨年末にWindows Azureのサポートメニューを拡大し、Windows Azure専用のパートナー支援プログラム「Azure Circle パートナー」を開始したのに加えて、MSDNサブスクリプションの購読者とマイクロソフトパートナーネットワークに加盟するパートナー企業のWindows Azure無償利用枠を拡大した。


日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック