PR

ネットワールド、クラウド事業者向けSDN管理ソフト「Anuta nCloudX」の最新版を発売

2014年1月16日(木)

ネットワールドは1月15日、既存のネットワーク機器をそのまま使い、ソフトウェアでネットワークの構成・制御を柔軟に行うSoftware-Defined Networking(SDN)を実現する、クラウド(IaaS)事業者向け管理ソフトウェアの最新版「Anuta nCloudX 2.0」を販売開始した。

また、ネットワールドは昨年、顧客やパートナー向けに開設した複合システム検証センター「GARAGE (ガレージ)」、および、製品出荷前に稼働検証を行うプリ・インテグレーションセンター「PIC (Pre Integration Center)」において、最新版「Anuta nCloudX 2.0」を利用開始し、両センターの利便性を高めると同時に、充実した機能や導入効果を実証することで「Anuta nCloudX」の販売を強化する。

「Anuta nCloudX」は、米Anuta Networks(アヌータ・ネットワークス)社の製品で、スイッチやルーター、負荷分散機器、ファイアウォールなどの既存のネットワーク機器をそのまま使えるのが特長。クラウド事業者は、グラフィカルな画面でネットワーク機器を抽象化したアイコンによりネットワークサービスを設計してカタログ化し、クラウドユーザーが、業界標準のネットワーク技術(REST API)を使って、カタログから選んだサービスを指定すると、それを提供するための各種ネットワーク機器の設定を「Anuta nCloudX」が自動的に実行する。

最新版の「Anuta nCloudX 2.0」は、「Juniper SRX」(ジュニパーネットワークス)、「BIG-IP Local Traffic Manager (物理&仮想双方)」と「VIPRION」(F5ネットワークス)、「Brocade MLX/VDX」(ブロケード コミュニケーションズ システムズ) など、対応するネットワーク機器を拡充した。また、連携可能なクラウドプラットフォームとして、従来の「VMware vCloud Director」の他に、オープンソースの「CloudStack」と「OpenStack」が加わった。

さらに、米ブリティッシュコロンビア大学、大手サービスプロバイダー、金融機関など海外の大手ユーザーからの要望に応えて、新たに、テンプレートスクリプト機能、IPアドレス管理機能、サービスオーダーワークフロー、動的サービスプロビジョニングをはじめ機能を大幅に拡充した。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ネットワールド、クラウド事業者向けSDN管理ソフト「Anuta nCloudX」の最新版を発売 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。