PR

クリアコード、メールシステムテストのためのメールを共有するオープンソースプロジェクト「test-mailsプロジェクト」を開始

2014年1月27日(月)

クリアコードは1月27日、エキサイトとともに、メールシステムをテストするためのメールを共有するオープンソースプロジェクト「test-mailsプロジェクト」を開始したと発表した。

test-mailsプロジェクトは誰でも自由に再利用できるテストメール集の提供を通じて、メールシステムのテストを支援することを目的としたオープンソースプロジェクト。

エキサイトは2013年8月にエキサイトメールをリニューアルし、新しいメールシステムにはSendmailやmilter managerをはじめとしたオープンソースソフトウェアを積極的に採用している。また、リニューアルにあたって、メールシステムの検証用にテストメールを作成した。これらのテストメールを自社だけでなく誰でも自由に再利用できるようオープンソースにすることを検討した結果、クリアコードと連携してtest-mailsプロジェクトを発足することとなった。

テストメールはMITライセンスで提供され、非公開のメールシステムにも利用したり、変更を加えて利用したりすることができる。

test-mailsプロジェクトでは、網羅的なテストができるよう通常のメールだけでなく行儀悪いメールも収集する。行儀の悪いメールの例としては以下のものが挙げられる。

  • RFC5321に準拠していない
  • MTAの限界を超えている
  • 日本の携帯キャリアの独自仕様が含まれている
  • ASCII以外のエンコーディングを使っている

このような行儀の悪いメールは、慣習として通常のメール同様に処理されることが期待されており、メールサービス提供者は特別の対応が必要となる。また、メールの消失や文字化けなどを防ぐためにはこれらの行儀の悪いメールに予め対応することが望ましく、行儀の悪いメールがそろったテストメールの必要性は高まっている。

エキサイトが提供するメールサービス「エキサイトメール」をバージョンアップするにあたって、クリアコードはmilterの開発支援ならびにmilter managerを利用したメールシステムのテスト支援を行った。この時に作成したテストメールやクリアコードがmilter managerの開発、導入時に使用するテストメールを順次提供していく。また、test-mailsプロジェクトではテストメールの収集に協力いただける企業、個人を広く募集し、様々な種類のテストメール収集を目指している。test-mailsプロジェクトの開始にあたって、三菱電機インフォメーションシステムズ、デージーネットがプロジェクトへの参加ならびにテストメールの提供を表明している。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック