PR

ブロードバンドタワー、クラウド環境向けのセキュリティサービス群を発表

2014年3月6日(木)

ブロードバンドタワーは2月28日、多様なクラウド環境に柔軟に追加できるセキュリティサービス群を「BBTowerクラウドセキュリティサービス」と呼称し、3月より月額課金モデルにて順次提供を開始すると発表した。

ブロードバンドタワーでは、実際に各種クラウドサービスを利用しサービスを展開しているユーザーの声を受け、クラウドサービスにて利用可能な様々なセキュリティサービスについて評価・検証を実施。その結果、推奨するサービス群を自社のオリジナルサービスとともに「BBTowerクラウドセキュリティサービス」と呼称し、自社のクラウドサービスである「c9(シーナイン)」やGrowServerをはじめ、コロケーションサービスの利用者やパートナー、並びに各種クラウドをご利用のユーザー向けに、月単位で利用できるサービスとして広く提供することとした。

「BBTowerクラウドセキュリティサービス」のラインナップは以下の通り。

○セルフ脆弱性診断 提供元:ブロードバンドタワー

オープンソースの脆弱性スキャナ「OpenVAS」を利用したWEBサービスの脆弱性診断サービス。WebUIに「Greenbone Security Assistant」(Greenbone Networks社)を採用。あらかじめ登録されたサーバに対し、いつでも、簡単に診断を実行し、レポートを出力可能。セキュリティ対策の検討方針に役立てることができる。

○ウイルス・スパイウェア対策ソリューション「F-Secure」 提供元:エフセキュア

ウイルス、スパイウェア対策、ファイアウォール、ルートキット検出、スパム制御など、高いレベルのオンライン セキュリティを利用可能。サーバ並びにエンドポイント環境にエージェントを配布。定義ファイル適用状況や一括更新、各種レポーティング等、WebUIより実行可能。

○LinuxOSパッチ適用支援サービス 提供元:ブロードバンドタワー

Linux(RHEL/CentOS)システム向けエージェント型パッチ適用ツール。WebUIを使用し、自動または手動でのOSパッチ適用が可能。また、特徴としてパッチ適用前の状態へ戻すUNDO機能やパッチ適用除外(パッケージ個別)設定など 細かな設定も可能。本サービスはクワンティの技術支援をもとにサービスを提供する。

○IPS(不正侵入防止システム)「攻撃遮断くん」 提供元:アミティエ

エージェント型IPSツールで、ブルートフォースアタックやDDos攻撃をはじめ、SQLインジェクションやクロスサイトクリプティングにも対応、様々な不正侵入を検知/自動遮断しメールにて通知する。また、コンサルタントのコメント付き月次レポートも標準で提供する。

その他にも、WAF、WEB改ざん検知サービスも取り扱っている。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック