PR

インテルとCloudera、ビッグデータ活用の加速と変革に向けて協業

2014年4月4日(金)

インテル コーポレーション(以下、インテル)とClouderaは、広範かつ戦略的なテクノロジー、事業に関する協業と、インテルからClouderaへの大規模な株式投資を発表した。この投資により、インテルはClouderaの筆頭株主となるとともに、Clouderaの取締役会に参画する。

今回の投資は、データセンター関連テクノロジーへの単一の投資案件としては、インテルとしてこれまでで最大のもの。今回の協業により、ClouderaのApache Hadoopをベースとした企業向けデータ分析マネジメントソフトウェアと、インテルの業界をリードするインテル Xeon プロセッサーを搭載したデータセンターアーキテクチャーの組み合わせによるメリットを提供する。

今回の協業は、顧客のビッグデータソリューションの導入を加速することを目的としており、オープンソースのApache Hadoopソリューションを導入することで、あらゆる規模の企業がデータからさらなるビジネス上の価値を容易に獲得することができる。今回の戦略的協業と株式投資は、通常の規制当局の認可など、標準的な取引完了条件に従って行われる。

Clouderaは、同社のCloudera's Distribution Including Apache Hadoop(CDH)の推奨プラットフォームとしてインテル・アーキテクチャー(IA)を採用し、CDHをIA向けに開発、最適化するほか、インテルのファブリックやフラッシュメモリー、セキュリティーなどさまざまな次世代テクノロジーに対応する予定。

インテルはCDHや統合ビッグデータソリューションであるCloudera Enterpriseをインテルの推奨Hadoopプラットフォームとして採用し、自社の顧客へのマーケティングや販促活動を実施する予定。さらに、インテルは両社共同のロードマップの実現に向けて、エンジニアリングやマーケティングのリソースを投入する。Apache Hadoop対応インテル ディストリビューション・ソフトウェア(インテル ディストリビューション)とインテル データ・プラットフォームはCDHと統合される予定で、3月末に予定されているインテル ディストリビューションのバージョン3.1のリリース以降に統合される予定。そして、インテルとClouderaは、顧客のCDHへのスムーズな移行に向けて、インテル ディストリビューションとインテル データ・プラットフォームからCDHへの移行プロセスの提供に協調して取り組む。また、Clouderaは、両社ソリューション統合後のすべての機能強化について、両社がそれぞれ取り組んでいるオープンソース・プロジェクトとCDHに寄付する。

Clouderaとの協業により、顧客はセンサー、ゲートウェイ、種々の端末など、さまざまな機器から生み出されるデータの管理、分析をできるようになるため、インテルのデータセンターやInternet of Things(IoT)に関する取り組みが強化される見込み。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック