PR

ラッカス、キャリアクラスのWLANサービスを迅速に構築・展開するWLANコントローラー仮想化ソリューションを発表

2014年6月4日(水)

ラッカスワイヤレスジャパンは5月28日、キャリアクラスの仮想化ワイヤレスLANコントローラー「Ruckus virtual SmarCell Gateway(以下、vSCG)」を発表した。価格はオープンプライス。Ruckus vSCGにより、高いスケーラビリティと堅牢性を備えるクラウドベースのWLANサービスが簡単に構築可能となる。

Ruckus vSCGは、WLANのコントローラー機能をクラウド上で実現したい移動体通信事業者、MSO(CATV運営会社)マネージドサービスプロバイダー、そして大規模エンタープライズ向けの、キャリアクラスの機能を備えた業界初のNFV(ネットワーク機能の仮想化)ソリューションで、アプライアンスベース製品であるRuckus SCG 200と同等の機能を提供する。

Ruckus vSCGは、Ruckus Smart Wi-Fi ZoneFlex アクセスポイントの使用を前提に設計されており、KVM(カーネル仮想化基盤)もしくはVMware vSphereの仮想化環境においてバーチャルアプリケーションとして動作する。Ruckus vSCGは、ヨーロッパ電気通信標準化協会(ETSI)が定めるNFVアーキテクチャに基づいて設計されたラッカス初のモジュールで、インフラレイヤー上で動作するRuckus仮想化アプリケーションの管理と処理を行うRuckus VNF(仮想化ネットワーク機能)サービスマネージャーに実装されており、オープンソースのOpenStackを活用した仮想化インフラ管理機能が含まれる。Ruckus VNFサービスマネージャーにより、Ruckus仮想化アプリケーションの構築と管理を簡素化することができる。また、Ruckus vSCGは標準準拠のオープンAPIを通じて、サードパーティーのVNFマネージャーによっても管理することができる。

コントローラレスのクラウドベースWLANサービスは、そのサービスの提供元により管理されることが多い一方、Ruckus vSCGはエンドユーザーサービスを提供する企業による管理と制御が可能で、各企業のサービス品質保証(SLA)に基づく柔軟な管理が可能。

Ruckus vSCGは、占有、マルチテナント環境をサポートするため、顧客の要望に即した柔軟なサービスを提供することが可能。また、マネージドWLANサービスを利用する顧客にとっても、必要に応じて拡張ができる柔軟性を提供する。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック