PR

GMOインターネット、オブジェクトストレージサービスの提供を開始

2014年9月5日(金)

GMOインターネットは9月3日、ホスティングサービス「ConoHa byGMO」(以下、「ConoHa」)」において、「オブジェクトストレージ」を本日2014年9月3日から提供開始した。「オブジェクトストレージ」は、従来提供している「ConoHa」のVPSを利用していないユーザーでも使うことができるサービス。

「ConoHa」は、“VPSの次の世代のサービス”を目指し、2013年7月から提供している仮想専用サーバー(VPS)。今回、「ConoHa」では、高い信頼性と拡張性を備え、非構造化データの保管に適した「オブジェクトストレージ」をVPSに並ぶサービスラインナップとして追加し、提供することとした。

「オブジェクトストレージ」とは、画像ファイル/動画ファイル/バックアップファイル/アーカイブファイルなどの大容量の非構造化データを保存するのに適したデータ保管サービス。

低価格でありながら容量無制限で拡張性が高く、データの転送量も無制限に使用できるので、増え続けるデータ量を気にせず、保存・管理が可能。また、保存データを複数のストレージ機器に複製して格納していますので、高い耐障害性を備えて利用できる。

「オブジェクトストレージ」へはREST APIを通じてインターネット経由でアクセスすることができるため、ネットがつながればどこからでもデータの取得・保存が可能。また、「オブジェクトストレージ」との通信はすべてSSLで暗号化することで、安全性と機密性を高めている。

基盤ソフトウェアには「OpenStack Swift」を採用し、日本語版のコマンドリファレンスを用意しているため、PCやスマートフォンのアプリ開発者は、REST APIを利用して簡単にアプリ内データの保存先として組み込むことができる。また、プログラミングの知識を持っていないユーザーでも利用できるよう、「ConoHa」のコントロールパネル(管理画面)にファイル操作機能を追加している。

「オブジェクトストレージ」の利用には転送量やリクエスト数による課金はなく、ディスク容量による月額のご利用料金のみとなっている。初期費用は無料で、月額費用は450円(税別)/100GB。100GBごとの月額固定料金制で、月内の月額費用の超過分は日割りで精算となる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています