PR

MapR Technologies、Hadoopの業務オペレーション機能を強化した最新版を提供開始

2014年9月25日(木)

MapR Technologies社(以下、MapR)は9月17日、MapRディストリビューションの最新版「MapR 4.0.1」の提供を開始することを発表した。MapR 4.0.1では、包括的なオープンソースサポートと独自のエンタープライズ向けの機能を提供する。

最新版のMapRのディストリビューションでは、次世代のリソース管理機構であるYARNをサポートしたHadoop 2.4上で、最新バージョンのApache Drill、Apache Spark、およびApache HBaseの利用が可能になり、業務オペレーションアプリケーションやインタラクティブクエリー、そしてストリーム処理といった用途に必要なリアルタイム機能を拡張している。

MapRはユーザが用途に応じて適切なツールを選択できるように、Hadoop上のオープンソースソフトウェアを偏り無くサポートし、最大の柔軟性をユーザに提供する。MapRディストリビューションの最新版には次のものが含まれる。

  • 複数のバッチ処理フレームワーク:MapReduce 1.xおよび2.x (YARN)、Spark (0.9, 1.0.2)
  • 5つのSQL-on-Hadoopテクノロジ:Hive (0.12, 0.13)、Drill (0.5)、Spark SQL (1.0.2)、Impala (1.3.1)、HP-Vertica(認定済)
  • 2つのNoSQLテクノロジ:HBase (0.94.21, 0.98.4)、MapR-DB(M7)
  • 3つの機械学習ライブラリとグラフライブラリ: Mahout (0.8, 0.9)、 MLlib (0.9, 1.0.2)、GraphX

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック