PR

ロックオン、BtoB向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」のサービス提供を開始

2014年10月1日(水)

ロックオンは9月29日、企業間商取引(BtoB)向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」をサービス提供開始した。

近年、企業間取引は小口化が進む傾向があり、卸売事業者は、与信管理や受発注などの業務を改善し、市場の変化に対応していく必要に迫られているが、従来の企業間商取引では、取引にあたり、与信、受発注、納品、請求、入金確認と、そのフローが非常に煩雑で、大口顧客のみ対応し、小口顧客や地方顧客は取引を断るなど、機会損失が発生していた。また、決済についても、掛売や手形決済など、現金取引が主流で、回収にあたってのコストやリスクが発生する状況だ。

今回リリースした「EC-CUBE B2B」を利用することで、卸売業者にとっては、取引をWEB上で完結することができ、また、クレジットカード決済の導入により、与信管理や債権回収業務の業務コストの軽減が可能となる。これにより、新規取引先の開拓や、売上向上の施策に注力できるようになる。

「EC-CUBE B2B」は、見積り機能や、会員ごとの価格変更機能など、BtoB-ECサイトに必要な機能を標準で提供する。これにより、カスタマイズを行うことなくBtoB-ECサイトの構築が可能となる。決済機能としては、「EC-CUBEペイメント」を標準で搭載し、クレジットカードによる決済手段を提供する。「EC-CUBEペイメント」の搭載により、与信管理を簡素化し、小口顧客や地方顧客を含む新規取引先の増加や、入金サイクルが短縮(最短末締め翌5営業日払い)され、キャッシュインの早期化が期待できる。また、法人向けクレジットカードを持たない顧客企業に対しては、三井住友カード株式会社がクレジットカードの発行を推進する。

「EC-CUBE B2B」は「EC-CUBE B2B販売店」から購入できる。「EC-CUBE B2B販売店」は、「EC-CUBE B2B」の販売、および技術サポート・アップデートの提供を行う。2014年9月29日現在、スピリット・オブが「EC-CUBE B2B販売店」として認定されている。

「EC-CUBE B2B」の導入支援やカスタマイズは、「EC-CUBE B2B 認定制作作会社」に依頼することが可能。2014年9月29日現在、20社が「EC-CUBE B2B 認定制作会社」として認定されている。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック