PR

ミラクル・リナックス、最新のLinux OS「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP4」を提供開始

2014年10月4日(土)

ミラクル・リナックスは10月2日、最新のLinux OS「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP4」を提供開始した。

「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6」は、企業向けLinuxサーバ用途に加え、産業用コンピュータやアプライアンス製品など特定業務用機器への組込みにも多数の採用実績がある。最新版となるSP4では、ベースとなるOSをRed Hat Enterprise Linux(RHEL) 6.4から6.5相当にバージョンアップしている。ユーザニーズに応えて、安定性を重視した独自パッチの適用や検証実施に対応できるほか、カーネルレベルでのカスタマイズも可能。

ミラクル・リナックスは、国産Linux OSベンダーとして、公共サービスの標準プラットフォームなど可用性の高い環境を中心に製品を提供してきた。サポートサービスは、最長10年間、日本語によるきめ細かいメニューを提供している。今回の「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP4」提供により、企業におけるさらに安定したLinux利用を支援していく。

「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6」は、信頼性、安全性、可用性、セキュリティ機能を重視した、アジアでのビジネス要件に最適化されたLinux OS。国内のエンジニアによる的確で高品質なサポートを10年にわたって提供できる強力なサポート体制により、基幹サーバに求められるクリティカルで高い信頼性を求められる要件から、特定業務用機器への組込みに必須となる柔軟なカスタマイズまで、あらゆるシーンで安心して利用できる。

「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6」の主な特長は以下の通り。

・サポート体制の充実
国内唯一の企業向けLinuxディストリビュータであるミラクル・リナックスから日本語での技術サポートを受けられる。販売開始から5年以上の販売期間、10年にわたるサポート期間においてサービスを提供し、特定業務用機器への組込みに必要とされる長期安定供給や、基幹サーバでの利用に必要とされる長期安定運用のニーズに応える。

・柔軟なOSライセンス形態
OSライセンス、アップデータ利用権、サポートサービスを分離したライセンス形態。大規模導入の場合はサポートサービスを包括したお得なメニューも相談できる。仮想化インフラ向けサーバでの利用では、OSライセンスは1物理サーバあたり1ライセンスで済み、インスタンス数の制限はない。また、特定業務用機器への組込みでは1ライセンスあたりの価格を抑えたライセンス形態を選ぶことができる。基幹サーバや特定業務用機器の稼働テストでの膨大なコストに対して、サポートサービス契約や、アップデータ利用契約を締結したユーザは、カーネルの解析、修正パッチの提供など、必要に応じたサポートサービスをコスト効率よく受けることができる。

・CentOS 6.5相当の機能:Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 6.5に準拠
RHEL6.5向けのハードウェア、RHEL6.5向けに開発されたアプリケーションソフトウェアは、Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP4の上でほぼそのまま動作させることができる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック