PR

Delphiで学ぶコンピュータ言語

2011年5月26日(木)
藤井 等

柔軟性のあるデータベース開発とは

Delphiは、ギリシア語に起源のあるネーミングからも分かるように、もともとOracle向けのクライアントアプリケーション開発を主な目的として設計されました。もちろん、DelphiはOracle専用のツールではなく、幅広い開発に対応しています。

開発チームは、さまざまなデータベースを扱わなければなりません。予算やシステムの規模、要求される性能などによって、使用するデータベースは変わります。また、単一のシステムをメンテナンスしている場合でも、将来的にデータベースか変わったり、他のデータベースを補助的に利用する必要に迫られたりすることがあります。

このようなときに、1つのデータベースだけに対応した開発ツールやフレームワークでは、柔軟性に欠けます。別のデータベースを利用するときには、また一から新しいツールやフレームワークを習得しなければなりません。

一方、それぞれのデータベースには、それぞれ特徴があり、扱いが異なる場合もあるため、共通項だけくくりだして操作しているだけでは、その性能を100%活かせないことがあります。汎用性か専門性かというジレンマに陥るわけです。

Delphiが採用したアプローチは、この両方です。つまり、共通のインターフェースを用意し、それぞれのデータベースに特化したコンポーネントや、汎用コンポーネントのいずれも利用できるようにしています。例えば、InterBase用のデータアクセスコンポーネントとしてはIBXが用意されていますが、dbExpressという汎用コンポーネントでもInterBase用のドライバが用意されていて利用できます。ただし、どちらのコンポーネントも最終的に同じようにデータセットとして扱えるようにインターフェースが統一されているため、表示、編集するコンポーネントからは違いを意識する必要がないのです。

データベースを使ってみる

では、実際にデータベースアプリケーションを作成してみましょう。データベースアプリケーション開発の最初のステップも、通常のアプリケーションと同じです。[ファイル|新規作成]で、「VCLフォームアプリケーション」を作成します。

作成したフォームに、データベース接続用のコンポーネントを配置します。これらのコンポーネントは、データベースコネクション、クエリー、結果セットのキャッシュなどを担当する非表示のコンポーネントで、設計画面上ではアイコンで表現されます。

これらのコンポーネントは、ツールパレットから選択して配置することもできますが、データエクスプローラを使うと、もっと簡単に接続するデータベースの設定ごとドラッグ&ドロップできます。

データエクスプローラで、接続するデータベースを選びます。

データエクスプローラを使うには、最初にデータベース接続を定義しなければなりません。データエクスプローラでデータベース接続を定義したり、クエリーをビジュアルに定義したりする方法については、こちらのビデオをご覧ください。

エンバカデロ・テクノロジーズ 日本法人代表
千葉大学文学部行動科学科卒業。石油関連会社でGISなどの開発を経験したのち、1995年、ボーランドに入社。マーケティングとしてJava開発ツールJBuilderやVisiBrokerなどミドルウエア製品の立ち上げを行う。2008年7月、ボーランドの開発ツール部門を合併したエンバカデロ・テクノロジーズに移籍。2009年1月より日本法人代表を務める。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています