PR

エンタープライズDB、PostgresとMySQLのデータベースをリンクするオープンソースツールを発表

2014年11月14日(金)

エンタープライズDB(以下、EDB)は11月13日、新たなPostgres拡張機能のリリースを発表した。これによりユーザーは、MySQLとPostgresのデータベースをシームレスに接続させることができるようになる。この拡張機能によりPostgresでデータの連携が可能になり、エンドユーザーはシステムを組み合わせることで顧客データや他のデータをまとめて表示できるため、データを広範囲にわたり有意義に活用できるようになる。

現在一般的には、企業は様々なデータベース管理システムを複数組み合わせている。進化する技術、買収や合併、地域的拡大やその他の要素により大量のデータが作成され、異なるシステムで保存されたこれらのデータの統合に企業は苦戦している。Foreign Data Wrappers(FDW)とよばれる拡張機能を使用することで、EDBのデータベースPostgres Plus Advanced Serverで複数の異なるシステムのデータを連携させることができる。

オープンソースPostgresのコミュニティーは、2011年にSQL規格SQL/MED (SQL Management of External Data、SQL外部データ管理) をサポートするPostgreSQL 9.1をリリースし、Postgresを外部データベースと統合するための基盤を築いた。そこからFDWの開発が始まった。PostgreSQL 9.1の読み取り機能に加え、PostgreSQL 9.3ではFDWによる外部ソースへのデータ書き込み機能が追加された。

EDBは最近、MongoDB用FDWを開発しオープンソースコミュニティーにリリースした他、Hadoop向けのFDWの開発を発表している。

また、MySQL用のFDWもオープンソースコミュニティーにリリースされた。こちらはエンタープライズDBのGitHubリポジトリから入手可能。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック