PR

マイクロソフト、.NETサーバースタックをオープンソースとクロスプラットフォームに対応

2014年11月15日(土)

Microsoft Corporation (以下、マイクロソフト) は11月12日、クロスプラットフォーム開発環境への取り組みの強化策として、.NETのサーバースタック全体のオープンソース化とLinuxプラットフォームおよびMac OSプラットフォームへの対応を発表した。また、Visual Studioの中心的なツールセットを手軽に利用できる、Visual Studioの無料版Visual Studio Community 2013を新たにリリースしたことも発表した。今回の発表はマイクロソフトの開発者向けイベントである「Connect ();」の冒頭で行われた。同イベントではこの他にも、Visual Studio 2015プレビュー版と .NET 2015プレビュー版のリリース発表が行われた。

・オープンソース化とクロスプラットフォームへの対応

マイクロソフトはクロスプラットフォーム開発をサポートするという公約を果たすべく、ASP.NET、.NETコンパイラ、.NETコアランタイム、.NET Framework、.NETライブラリをはじめとする .NETのフルサーバースタックのオープンソースの提供を開始する。これにより、.NETサーバーランタイムを使用してWindows、Mac、Linuxで稼働するアプリケーションをWindows上で開発することが可能になる。マイクロソフトは今後オープンソースコミュニティと緊密に連携していくことで、明らかになった改善点を .NETに反映していくとともに、.NET Foundationを通じてオープンソースへの取り組みを一層強化していく。

・Visual Studio をすべての開発者に

同日、マイクロソフトはVisual Studioのすべての機能と拡張性を備えた無料版のVisual Studio Community 2013の提供を開始した。デバイス、デスクトップ、Web、クラウドといったあらゆるプラットフォームに対応したこのCommunityエディションでは、エンタープライズ以外のアプリケーション開発用Visual Studioツールのすべてを手軽に利用できる。

・Visual Studio 2015と.NET 2015:あらゆるデバイス向けアプリの開発が可能に

iOS、Android 、WindowsをサポートするVisual Studio 2015プレビュー版を使用すれば、あらゆるデバイスやプラットフォームに対応したアプリケーションやサービスを簡単に開発することができる。

マイクロソフトとXamarinは、戦略的パートナーシップの一環として、.NET によるクロスプラットフォームモバイル開発のサポートをさらに強化すべく、Visual StudioにXamarinをAdd-inとして予めインストールし、Visual Studioでの無料版Xamarin Starter Edition のサポート開始 (年内を予定) を発表した。マイクロソフトはまた、モバイルデバイスをターゲットとしたクラウドベースアプリの開発に関心を持つWeb開発者向けに、Apache Cordovaツールの最終版をリリースした。

・クラウドでの開発をさらに促進

マイクロソフトは、クラウドやサーバーのワークロードに最適化された最新のフレームワークおよびランタイムである ASP.NET 5.0プレビュー版のリリースを発表した。さらに、Visual Studio 2015の新しいConnected Services Managerを使用すれば、アプリケーションをOffice 365 APIやSalesforceといった基幹業務APIサービスに簡単に接続することができる。

・Visual Studio Online:クラウドでアジリティとDevOpsを実現

1年にわたるサービス強化の成果を礎に、マイクロソフトは開発プロジェクト用オンラインサービスであるVisual Studio Onlineの新機能を発表した。主な新機能は次のとおり。

Release Management as a service:プレビュー版。アプリケーションのリリースの自動化と管理が可能なため、サービスインフラストラクチャのセットアップやメンテナンスを行う必要はない。
Cloud Deployment Projects:Azure の開発環境、テスト環境、運用環境のプロビジョニングと構成をより簡単かつ確実に実施することができる。

・Visual Studio 2013 Update 4

マイクロソフトはさらに、Visual Studio 2013 Update 4の提供開始も発表した。過去12か月で4回目となる今回の更新では、さまざまな既存の生産性機能が強化されているほか、新機能が追加されている。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック