PR

クラスキャット、OpenStack JunoとOpenNebula 4.8のSoftLayerマネージドサービスを提供開始

2014年11月13日(木)

クラスキャットは11月11日、SoftLayerベアメタル(物理占有型サーバ)をターゲットとする、プライベートクラウドソリューション「ClassCat Cloud}シリーズの新製品2種「ClassCat Cloud DC Edition v3.0」及び「ClassCat Cloud Enterprise Edition v4.8」の提供を開始するとともに、新たに「Web会議」仮想アプライアンスを投入することを発表した。また、本ソリューションはマネージドサービス「ClassCat OpenStack-as-a-Service」・「ClassCat OpenNebula-as-a-Service」としての利用も可能となっている。

新製品2種は、企業の情報システム部門や中堅/中小企業(SMB)が容易にプライベートクラウドを導入、活用することを可能とする、オールインワンなプライベートクラウドソリューション「ClassCat Cloud」シリーズの最新製品。 プライベートクラウドの導入コストのハードルを大幅に下げて運用管理を容易にするために、SoftLayerクラウドの提供するベアメタル(物理占有型サーバ)上の利用に最適化して提供する。ベアメタル1台からでも構成可能。

IaaSクラウド基盤には実績あるOpenStackとOpenNebulaを採用。いずれもフリーでオープンソースなクラウドソフトウェアスタック。「ClassCat Cloud DC Edition v3.0」は OpenStack最新リリースJunoを採用し、「ClassCat Cloud Enterprise Edition v4.8」は OpenNebula最新ステーブル版4.8を採用している。

新製品2種はOpenStack及びOpenNebula IaaSプラットフォームをサービスとして利用できるマネージドサービス「ClassCat OpenStack-as-a-Service」・「ClassCat OpenNebula-as-a-Service」としても提供される。この場合には、OpenStackやOpenNebulaの配備/構成・運用管理・サポートを自前のハードウェアを用意することなくサービスとして受け取ることができる。

本マネージドサービスの利用により、中堅・中小企業(SMB)の情報システム部門では専門的な知識がなくてもOpenStack/OpenNebulaプライベートクラウドの大きなメリットを享受できる。スモールスタート(ベアメタル1台構成)も可能とし、業務システムの拡張など必要に応じてコンピュートノード用にベアメタルを追加してOpenStack/OpenNebula IaaS基盤を拡張していくこともできるので、導入コスト・運用コストも必要最小限に抑えられる。

本マネージドサービスはIBM SoftLayerのベアメタルサーバを利用しているので全世界のデータセンターで稼動可能。 また、ベアメタルを占有して利用しているので、他のサービスによるパフォーマンスの低下などの懸念もなく運用することが可能となる。

新製品2種には、動作検証済みの各種アプリケーションが「ClassCat Cloud Ready プログラム」により仮想アプライアンスとして提供される。

クラスキャットが提供する仮想アプライアンスとしては、BYODソリューション「CLOUDIVA」とインターネットサーバ管理ツール「ClassCat Cute Server Manager」が用意されていたが、新たに「Web会議」仮想アプライアンスの提供も開始する。

「Web会議」仮想アプライアンスは、オーディオデバイスとWebカメラを持つクライアントマシン同士の遠隔コミュニケーションを可能にする。遠隔会議の利用に加えて企業が開催するWebセミナー、教育市場やヘルスケア市場など多目的に利用可能だ。

Web会議の基本機能は以下の通り。

  • VoIP(Voice over Internet Protocol) による音声の共有
  • Webカメラによる動画の共有
  • ホワイトボードの共有
  • プレゼンテーション資料の共有
  • デスクトップの共有

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

クラスキャット、OpenStack JunoとOpenNebula 4.8のSoftLayerマネージドサービスを提供開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。