PR

ネットスプリング、認証アプライアンスサーバ「AXIOLE」 V1.13 をリリース

2014年11月18日(火)

ネットスプリングは11月13日、LDAPベースの認証アプライアンスサーバ「AXIOLE(アクシオレ)」の最新版V1.13 を発表した。本バージョンでは、これまでのクラウド連携オプション(SIOS Google Apps連携)機能を刷新し、新「Google Apps連携オプション機能」として、マルチドメイン対応を可能とするなど、様々なネットワーク環境における導入適応性を高めるリニューアルと機能強化を行っている。本バージョンのAXIOLEは、12月2日から出荷を開始し、既存ユーザにはファームウエアアップデートとして無料ダウンロードにて提供される。

大学等教育研究機関間において、学生や附属関連学校生も含めて外部メールサービスの利用が定着しつつある。これに対応して今回、AXIOLEクラウド連携サービスオプション機能を刷新し、新「Google Apps 連携オプション機能」として提供する。プログラムモジュールも含めて大幅な改良を施しており、マルチドメイン等にも対応可能なオプション機能として機能強化した。

また、既にAXIOLE学術連携オプションとしてIdP連携機能を提供してきたが、そのバージョンアップや機能強化も同時に図っている。

なお、本バージョンでは、SSLのオープンソースコンポーネントに存在していた脆弱性問題(いわゆるPOODLE問題)の解決も図っている。

AXIOLE 新バージョンV1.13の特長は以下の通り。

【新機能】Google Apps 連携オプション機能

  • マルチドメイン対応
    AXIOLE v1.7 以降から提供されてきたクラウド連携オプション機能では、AXIOLEのユーザアカウントとクラウド上におけるメールサーバのアカウントが1対1で対応する必要があったが、今回のバージョンアップでは、学生用と教職員用、また卒業生用など、異なる複数のドメインとの連携が可能となった。
  • Google Apps新API対応
    2015年4月以降に廃止されるGoogle Appsの現行API(Provisioning API)から、切り換え後の新API(Directory API)を実装した。現行のクラウド連携オプション機能を利用しているサイトでは、本バージョンアップにより継続してGoogle Apps環境を利用することが可能(ライセンスキーをそのまま利用可能)。なお、新APIへの移行に伴いGoogle Apps(新API)での設定およびAXIOLEファームウェアのバージョンアップで、AXIOLEの再起動が必要となるので、計画的なバージョンアップ作業が必要となる。

【機能強化】Shibboleth IdPオプション関連機能強化ほか

  • IdPのログアウト機能を追加
  • IdPのメタデータにおけるHTTPプロキシ設定を選択方式に変更
  • 誤ってIdPの異常を検出する問題を解決
  • IdPログイン画面における表示エラーを修正

【変更修正】Version1.13 のその他追加変更修正機能

  • SSL 脆弱性問題(いわゆる POODLE問題)への対策を実施
  • AXIOLE-lite版でのCSVエクスポートが失敗することがある問題を解決
  • その他多くの機能改善および修正
  • 本バージョンアップは、仮想版AXIOLE-iまたAXIOLE-IdP専用モデルにも適用される

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る