PR

SUSE、「SUSE Linux Enterprise Live Patching」を提供開始

2014年12月6日(土)

SUSEは、システムパッチ適用に伴う再起動が不要で、ダウンタイムを削減し、サービスの可用性を向上させる、エンタープライズLinuxユーザ向け「SUSE Linux Enterprise Live Patching」の提供開始を発表した。SUSE Linux Enterprise Live Patchingは、実行中のカーネルを中断することなくアップデートできるパッケージ kGraftプロジェクトをベースとしている。

他のLinuxカーネル向けライブパッチ適用技術とは異なり、SUSE Linux Enterprise Live Patchingでは、パッチ適用中にシステム全体の停止を要求することはない。さらに、完全なオープンソースのソリューションであるため、パッチソースのコードの検証作業も容易。

SUSEでは、Linuxの一般的な環境とSUSE Linux Enterprise固有の環境のカーネルのライブパッチ適用に関し、将来的にも継続して利用可能になるよう、アップストリーム・コミュニティとの連携を行っている。

SUSE Linux Enterprise Live Patchingは、SUSE Linux Enterprise Server 12上で提供され、サブスクリプション方式によりx86_64サーバ環境で利用可能。SUSE Linux Enterprise Live Patchingの利用には、SUSE Linux Enterprise Server 12 Priority Supportのサブスクリプションと、SUSEのPrimary Support Engineer(PSE)またはDesignated Support Engineer(DSE)のサービスを保有(または購入)する必要がある。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック