PR

SRA OSS、PostgreSQLの多機能ミドルウェア「pgpool-II」のサポートサービスを開始

2014年12月9日(火)

SRA OSS,Inc.日本支社(以下、SRA OSS)は12月3日、オープンソースデータベースPostgreSQLの多機能ミドルウェアである「pgpool-II」のサポートサービスを開始した。

pgpool-IIは、PostgreSQL系データベースとともに利用する多機能ミドルウェア。PostgreSQLのサードパーティーソフトウェアの1つで、PgPool Global Development Groupというコミュニティによって開発、BSDライセンスのオープンソースソフトウェア(OSS)として公開されている。コネクションプーリング、レプリケーション、負荷分散、接続数のコントロールなどの機能を有し、PostgreSQL系データベースと組み合わせて利用することで、スケールアウト構成や高負荷のシステムへの対応が可能。日本国内外を含めて、多数のシステムで、導入実績がある。

pgpool-IIサポートサービスは、このpgpool-IIに特化したサポートサービス。これまでに、「PostgreSQL/PowerGresサポート&保守サービス」というサービスで、PostgreSQLサポートのオプションとしてサポートを行ってきたが、PostgreSQLの他、SRA OSSのPowerGresやEnterpriseDB社のPostgres Plusと組み合わせて利用するケースが増えてきたため、データベースは別途サポート契約があるユーザー向けに、pgpool-II部分のみのサポートを提供する。

「pgpool-IIサポートサービス」は、ビジネスタイム契約の他、プレミアム(24時間×365日)契約があり、ミッションクリティカルなシステムでの利用も安心。また、pgpool-II開発者を抱えるSRA OSSならではの、パッチ提供サービスを標準サービスとしている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています