PR

エンタープライズDB、新しいPostgresトレーニングと開発者リソースを公開

2015年1月27日(火)

エンタープライズDB(以下、EDB Corp)は1月19日、増大する新規Postgresユーザーと、インストール数を拡大する既存ユーザーを支援するため、多数の新しいトレーニングと開発者リソースを発表した。

EDBは、ライブでのオンライン・インストラクションを強調した新しいトレーニングモジュールを公開した。同社のPostgresトレーニングへの需要は急増しており、2014年の参加者は前年比26%増となった。オンデマンドのモジュールと同様、ライブのオンラインでのインストラクター主導トレーニング・クラスに対する需要が拡大した。これは、定期課金収入となるEDBのエンドユーザーの基盤が拡大したことを反映している。また、新規加入契約者数がここ4年間で堅調に伸び、既存顧客もインストール数を増やし続けている。しかし、EDBの最も人気が高いクラスの多くが入門的であり、オープンソースのPostgresの基礎的な管理運営をカバーしていることから、業界全体でPostgresへの関心が高まったことをも反映している。

Postgresのユーザーが、ミッションクリティカルな新しいアプリケーションについて構築、環境設定、テスト、実稼働するのを支援するため、EDBは新たにPostgres Plusの開発者版を公開した。開発者の定期課金への加入契約によって、ユーザーは、製品化に向けた環境設定ができあがった段階で、自らのデータベースの開発、準備、そしてテストができるようになる。その際には、パフォーマンス、規模の拡張性、高い利用可能性、そして管理のためのEDBのツールが利用できる。その開発プロセスは、EDBサービス・コンサルタントたちからのフィードバックによって強化されている。

開発者の加入契約により、オープンソースのPostgreSQLとEDBのPostgres Plus Advanced Serverの両方がサポートされる。これらは、エンタープライズ・レベルのパフォーマンス、セキュリティー、オラクル用のデータベース互換性をPostgreSQLに付与して拡張するもの。この加入によってユーザーは、以下の特性を利用しながら、プリプロダクションでミッションクリティカルな配置について、専門家のアドバイスを得ながらデザインしたり、カスタマイズやテストを実施することができる。

  • モニタリング、管理、チューニングのためのPostgres Enterprise Manager
  • 複製ソリューションのためのxDB Replication Server
  • 高い利用可能性を得るためのFailover Manager
  • データを保護するためのバックアップとリカバリのツール

Postgres Plus開発者版への加入によって、ミッションクリティカルなツール、技術サポート、ソフトウェアの更新、セキュリティーの警告、さらにEDBのPostgresの専門家からのベストプラクティスを含む完全な支援体制のあるPostgres環境が提供される。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています