PR

NTT Com、iOS/Androidアプリ用WebRTC機能開発キットを無償公開

2015年6月10日(水)

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は6月5日、WebRTC技術を簡単に活用できる無償プラットフォーム「SkyWay」を用いたiOSおよびAndroidアプリ用の開発キット「SkyWay iOS/Android SDK」を提供開始した。WebRTCのプラットフォームにおける、スマートフォン向けのSDKの提供は国内で初めてという。

「SkyWay」は2013年12月に国内初のWebRTCプラットフォームとして公開を開始した。これまでパソコン向けWebブラウザなどのJavaScriptが動作する環境で利用可能な開発環境を提供し、開発登録数は1,800を超え、様々なシーンで活用されている。

このように多くの開発者が利用する中で、iOS/Androidのネイティブアプリ開発においても「SkyWay」を利用したいという要望が寄せられていた。現時点では、iOSのSafariとChrome、およびAndroidの一部バージョンのブラウザではWebRTCをサポートしておらず、iOS/Android環境においてWebRTCの機能を利用することが難しいためだ。

従来、iOS/Android向けのネイティブアプリにWebRTCの機能を実装するためには、シグナリング用のサーバー構築に加え、開発者自身がWebRTCライブラリを構築する必要があった。本SDKはSkyWayとして提供しているWebRTCのライブラリやシグナリングサーバーをスマートフォン向けアプリの開発においても利用できるようにするもので、スマートフォンアプリへのWebRTCの実装を飛躍的に簡易にすることができる。

本SDKの公開により、iOS/Androidアプリ開発者はWebRTCを容易に利用できるようになり、P2Pの映像・音声コミュニケーション機能やデータ通信を手軽にアプリに組み込めるようになる。これにより、SkyWayの応用範囲が飛躍的に広がる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック