PR

バラクーダネットワークス、Microsoft Azure App Serviceで初のWebアプリケーションファイアウォールを提供開始

2015年7月29日(水)

バラクーダネットワークスジャパン(以下、バラクーダネットワークス)は7月23日、Barracuda Web Application Firewall(以下Barracuda WAF)がMicrosoft社よりAzure App Serviceと統合する初のWebアプリケーションファイアウォールとして認定されたことを発表した。

Barracuda WAFは、Azure環境におけるレイヤードセキュリティにより、不当な侵入に対してダイナミックなWebアプリケーションを保護する。中でも注目すべきは、Barracuda WAFでは従来のセキュリティモデルでは対応しきれていない、JavaScript Object Notation(JSON)やRepresentation State Transfer (REST)といった最新のWebプログラム技術に適応した保護機能を提供していること。

Barracuda WAFを活用することにより、Azure App Service上のあらゆるプラットフォームで開発されたアプリケーションのセキュリティを容易に確保することが可能になる。主な特長は以下の通り。

  • セキュリティ強化実装
    Barracuda WAFはAzure App Service環境に容易に実装することが可能であり、新たにセキュリティレイヤが自動的に追加される。
  • REST/JSONベースのAPI向けセキュリティ
    Azure API GatewayをBarracuda Web Application Firewallに追加することで、REST/JSONベースのAPIに対応したアプリケーションレイヤセキュリティを追加することができる。

Azureで利用できるBarracuda Web Application Firewallは、Barracuda Total Threat Protection(総合脅威保護)計画の一部として、ネットワークユーザ、モバイルインターネットアクセス、およびネットワーク境界を経由するメール、Webアプリケーション、リモートアクセス、Webブラウジングなど、あらゆる脅威ベクタを阻止するための強力な統合型セキュリティプロテクションの提供を目的としている。複数の実績豊富なセキュリティソリューション、共通の管理インターフェイス、そして一元サポートが手頃な価格で利用することができる。

Azure向けBarracuda WAFは、Microsoft Azure Certifiedプログラムの一環として、Microsoft Azure Marketplaceからすぐに利用開始することができる。Microsoft Azure対応のBarracuda WAFのBring Your Own Licenseの年間サブスクリプションは119万5750円(税抜価格)から利用できる。


Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る