PR

GMOクラウド、「GMOクラウドVPS」を大幅リニューアル

2015年8月7日(金)

GMOインターネットグループのGMOクラウドは8月4日、クラウド基盤のVPS「GMOクラウドVPS」の大幅リニューアルを実施し、提供開始した。

リニューアルした「GMOクラウドVPS」は、メモリ容量「1GBプラン」を国内最安級の月額780円(以下、金額はすべて税抜)からの提供をはじめ、ハイエンド層向けにも対応した全6プランで展開する。また、最新OS「Cent OS7」の新規テンプレートを追加し、サーバーの稼働率の指標となるSLAは99.99%を実現した。

さらに、今回のリニューアルを記念して、「1GBプラン」の初期費用を全額キャッシュバックするキャンペーンを同日より実施している。

「GMOクラウドVPS」は、ユーザーの希望や目的に合わせてOSやプログラムを選択することができる自由度の高いVPS。設定・構築を簡単に行えるパッケージやGUIの搭載に加えて、設定代行サービスやSLA保証制度、さらに国内最安級の月額350円で人気のサーバー管理ツール「Plesk 12」を提供するなど、多くのユーザーから好評を得ている。

今回、以前よりユーザーからの要望が高かった「1GBプラン」の開始をはじめ、全6種類のプラン構成で、より便利かつ安心して利用できるサービスに大幅リニューアルした。リニューアル後も、「GMOクラウドVPS」の特長である多数のOSテンプレートや、直感的な操作が可能なオリジナルのサーバー管理ツール「VPSコンソール」を全プランに標準搭載している。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています