PR

CMMIをオフショア開発に生かす

2010年8月25日(水)
新海 良一

国内のソフトウエア開発企業は、開発規模の増大、機能の複雑化、コスト削減要請といった、年々厳しくなる環境の下で、生き残りをかけています。こうした中で、納期厳守、生産性向上、品質向上などに苦労して取り組んでいます。しかし、コスト削減の要求に対しては、もう限界まで来ているところも多いでしょう。

こうした厳しい環境の中、オフショア開発によるコスト削減は、いわばソフトウエア開発の救世主です。多くの企業が、オフショア開発に取り組み始めています(または、取り組みたいと思っています)。しかし、実際にオフショア開発に取り組んでみると、うまくいったという話よりも、失敗や苦労話ばかりが聞こえてきます。

オフショア開発は、コスト削減効果が高いものの、リスクや課題が多いといえます。こうしたオフショア開発に対して、どのように取り組んでいけばよいのでしょうか。今回は、オフショア開発の例として、中国へのオフショア開発例を挙げ、施策のいくつかを紹介します。

魅力ある人件費(低コスト開発)

オフショア開発の最大の魅力は、なんと言っても、その人件費の安さです。委託部分や開発難易度、委託作業内容などに大きく依存しますが、日本のソフトウエア開発人件費に比べて、中国でのソフトウエア開発要員の人件費は、およそ1/2~1/3程度です(2010年日立ソフトウェアエンジニアリング調べ)。単純計算で、開発規模(人件費)が1億円のプロジェクトは、中国でオフショア開発すると約5000万円~6700万円のコスト削減を期待できます。

オフショア開発におけるさまざまなリスクと課題

人件費の違いだけを見ると、誰もがオフショア開発に飛び付きたくなります。しかし、実際には、オフショア開発には多くのリスクと課題が潜んでいます。以下では、代表的な課題を2つ挙げます。

オフショア開発の代表的な課題

  1. オフショア先での開発環境を構築(ツールの導入など)する手間と費用が心配
  2. 納期の遅延や品質劣化が心配

オフショア開発を成功させるためには、こうした課題を1つ1つ解決する必要があります。

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社

入社以来、UNIX OS、ミドルソフト開発をはじめ、インタラクティブ・ホワイトボード「StarBoard」の開発・拡販に取り組む。米国での留学、日立ソフトウェアエンジニアリング米国法人での出向経験を経て、現在は、SEI認定CMMIリードアプレイザ、CMMI入門インストラクタの資格を活かし、プロセス改善/コンサルティング・サービスに従事している。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事