PR

ワクチンの実力はテレビ宣伝力では測れない

2010年11月1日(月)
渡部 章(わたなべ あきら)

はじめに

最近TVでよく見かけるウイルス対策ソフトのコマーシャル。検知率の高さをアピールしていた従来とは異なり、現在では、速さや軽さ、そしてセキュリティ製品としての総合力をウリにする傾向が強い。

ところが、筆者がセキュリティ・セミナーで講演する際に受ける質問で一番多いのは「どこのベンダーが、一番ウイルスを検知できるのか」というもの。中立的な立場で講演している場合は、「商用製品であれば、実力はどれもそれほど変わりません」と答えているが、実は、これこそが筆者自身の疑問でもあった。

ウイルス対策が始まって20年。当初は、ベンダーによって、その検知率には大きな差があった。しかし、最近の第三者機関によるテストによると、メジャーなウイルス対策ソフトの評価は、一応に高い。だからと言って、本当に安心して良いのだろうか。

ウイルス対策ソフトを比較する場合、総合力(検知力、検索速度、軽さ、駆除力、未知ウイルスへの対応、コストなど)で比較するケースもあるが、何と言っても検知力が重要であり、検知力で比較すべきである。ウイルス対策ソフトが何も反応しなければ、ユーザーは、システムが破壊されていようが、情報が漏えいしようが、気が付かないからだ。

検知力を調べる場合、ウイルスのサンプル(検体)が必要である。しかし、10年も20年も前から蓄積してきた過去のウイルスや、重複する検体は、いくらスキャンしても意味がない。古いウイルスをいくら検知できても、意味がないのだ。

現実の社会では、今週になって世界のどこかで発生した新種ウイルスが、自分のPCや会社のネットワークに侵入した時に、使用中のウイルス対策ソフトで「今」検知できるかどうかが勝負の分かれ目になる。そこで、今回は、リアルタイムのウイルス検知にこだわって調査した。

ウイルス感染の現状

現状のウイルス対策ソフトの検知率を比較するためには、ウイルス感染の現状を調査する必要がある。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、官報で告示された、日本で唯一のウイルスの届出機関である。

IPAの、2010年上半期のコンピュータ・ウイルス届出状況によると、継続してW32/Netsky*1の届出件数が多い状況である。

  • [*1] W32/Netsky(ネットスカイ)
    2004年ごろから世界的に猛威を振るっているワーム型のウイルス。自身の複製をメールの添付ファイルとして拡散する活動を行う。感染すると、自分自身をWindowsディレクトリにservices.exeとしてコピーする。さらに、レジストリを変更することによって、Windowsの起動時に必ずウイルスが実行されるように設定する。また、メールの添付ファイルを開いた時、偽のエラー・メッセージを表示し、感染したことに気付かせないようにしている。さらに、「share」、「sharing」という単語を含むフォルダ名を検索し、発見したフォルダに自分自身をコピーする。変種・亜種が非常に多く、長年にわたり報告数が一番多い。

(出典: IPA - http://www.ipa.go.jp/security/txt/2010/documents/half2010v.pdf
図1: コンピュータ・ウイルス届出状況の推移(クリックで拡大)

一方、2010年1月~3月にかけては、USBメモリー経由で感染を拡大するW32/Autorun*2の届出件数が増加し、6月にはW32/Netskyに次いで2番目に届出件数の多いウイルスとなった。IPAでは、利便性が高いUSBメモリーにもウイルスが潜んでいる危険性があることを認識するよう、警告している。

  • [*2] W32/Autorun(オートラン)
    2008年ごろから増加している、USB感染型のウイルス。USB メモリーなどの外部記憶媒体に自分自身をコピーすることで感染を拡大する。感染すると、自分自身のコピーをシステム・フォルダに作成し、パソコンの起動時に実行されるようにシステムを改変する。また、キー・ロガーを仕掛け、キーボードからの入力内容を記録する。変種・亜種が非常に多く、2010年になってワーム機能を併せ持つ新種も登場し、爆発的に増加している。

W32/Autorunの感染が増加した要因には、セキュリティ・ガードの甘いUSBメモリーが感染媒体として悪用されていることに加え、対策ソフトの対応が遅れぎみであることも挙げられる。変種や亜種が大量に発生しており、セキュリティ対策ソフトを回避する機能を持つものが多い。

著者
渡部 章(わたなべ あきら)

1961年、福井県生まれ。情報セキュリティ・ベンダー、株式会社アークン代表取締役。トレンドマイクロ社(現一部上場)にて元マーケティング部長。米国系コンピュータ・ネットワーク・セキュリティ会社、日本アイ・シー・エス・エー株式会社元代表取締役などを経て現職。郵政省情報セキュリティ委員会元委員。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)情報セキュリティ関連事業審議委員会委員現任。また、セミナー、執筆、TV出演を通じて、コンピュータ・セキュリティに関するコンサルティングおよび啓蒙活動を展開している。著書に『コンピュータウイルス完全対策マニュアル』(アスキー出版)、『コンピュータウイルス なぜ感染するのか、どう防ぐのか』(日本実業出版)、『恐怖のスパイウェア』(三交社出版)などがある。
 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています