PR

ZABICOMの設定方法 - ネットワーク監視編

2010年12月14日(火)
伊藤 覚宏

第1回では、ZABICOM / Zabbixが備える機能の特徴と、設定方法の概要を紹介しました。

今回は、ZABICOMを用いてネットワーク機器を監視する際の具体的な設定例を解説します。

ルーターやスイッチなどのネットワーク機器を監視する場合、通常は、Pingによる死活監視、SNMPポーリングによるインタフェース・ステータス監視とトラフィック監視、SNMPトラップによるイベント監視などを行います。さらに、機器固有の拡張MIB(Management Information Base)を利用して、ルーターのCPU使用率やメモリー使用率などを監視する場合もあります。

以下では、ZABICOMを用いた実際の設定方法を解説します(解説に使う環境では、CentOS 5.4上にZABICOMを導入し、日本語メニューを表示させています)。

ZABICOM / Zabbix によるネットワーク機器の監視

まず最初に、監視対象のネットワーク機器をホストとして登録します。[設定]-[ホスト]メニューを選択して[ホストの作成]ボタンをクリックすると、ホストの登録画面に遷移します。

図1: ZABICOMのホスト登録画面(クリックで拡大)

[名前]には、ZABICOMのシステム内で監視対象を識別するための名前を入力します。名前は、ZABICOMシステム内で一意である必要がありますが、実際の機器名と一致させる必要はありません。

グループは、一覧表示やアクセス権制御の際に必要になります。今回は設定を割愛しますが、実際の環境では、役割やロケーションごとなど、制御目的に合わせてグループを設計することをお勧めします。

DNS名(ホスト名)とIPアドレスには、監視対象の監視用アドレスを指定します。[接続方法]には、DNS名かIPアドレスのうちどちらかを選択して指定します。選択しなかった接続方法は、監視には利用されませんが、検索機能や障害通知で利用できます。

機種名や連絡先、設置場所などの情報をプロファイルに登録できます。この情報は、障害通知の際に通知メッセージに付加して送信することが可能です。

ZABICOM / ZabbixによるPing監視

ホストの登録後、アイテムの設定を行います。ZABICOMは、通常のPingのほかに、Pingの応答時間とPingのロス率を取得できます。

日本国内のネットワークであれば、ネットワーク品質を意識する機会はまずないでしょう。しかし、海外拠点との通信などの場合は、ネットワーク品質の監視が必要になる場合があります。こうした場合でも、ZABICOMであればPingの応答時間とPingのロス率が分かるため、ネットワーク品質の測定や障害判定が可能です。

図2: ZABICOMのアイテム一覧画面(クリックで拡大)

設定を行うホストの[アイテム]リンクをクリックすると、すでに登録されているアイテム一覧が表示されます。今回は、新たなアイテムを作成するので、画面右上の[アイテムの作成]ボタンをクリックし、アイテム作成画面に遷移します。

図3: ZABICOMのアイテム作成画面(クリックで拡大)

Pingアイテムを収集する場合、次のように登録します。

Pingアイテムの設定例
項目名 設定内容
説明 任意の名前
タイプ シンプルチェック
キー icmpping[]
データ型 数値(整数)
更新間隔(秒) 300
ヒストリの保存期間(日) 30
トレンドの保存期間(日) 365


 

『説明』は、収集したアイテムの表示名になります。2バイト文字も使えるので、分かりやすい名称を設定できます。

『タイプ』には、アイテムの収集方法を設定します。Pingの場合は「シンプルチェック」を選択します。

『キー』は、アイテムの識別名です。シンプルチェックや、エージェント監視の場合は、監視内容自体を定義する意味もあります。

icmppingでは、[ ]の中に引数を指定できます。引数はカンマで区切って入力します。引数は、[Ping送信先IPアドレス, Ping回数, Ping間隔, パケットサイズ, タイムアウト]という形式になります。

引数を空欄にした場合は、[ホストのIPアドレス, 3回, 25ミリ秒, 68bytes, 500ミリ秒]がデフォルトで適用されます。この場合、ホストに設定されているIPアドレスをあて先として、500ミリ秒をタイムアウトとする68バイトのPingパケットを25ミリ秒間隔で3回送信し、このうち1回でも疎通に成功すれば、成功とみなされます。

ネットワークが不安定な環境などでは、Ping回数を増やしたり、タイム・アウトまでの時間を伸ばすことで、瞬断を障害と判定しないような、環境に柔軟に対応した設定を行うこともできます。

『データ型』には、収集するデータの形式を選びます。Pingの場合は、成功=1、失敗=0が結果として返ってくるので、数値(整数)を選択します。

『更新間隔(秒)』は、Pingを実行する間隔を秒単位で指定します。通常は300(5分間隔)などを設定します。

『例外の更新間隔(秒)』は、曜日と時間帯を指定することで、更新間隔を変更できます。

例えば、サービス提供時間帯は監視頻度を上げ、夜間などのサービス休止時間帯は頻度を下げて監視する、あるいは、監視対象システムの負荷が高い時間帯は監視頻度を下げる、といった柔軟な設定が可能です。

『ヒストリの保存期間』には、収集したデータを保持する日数を設定します。

『トレンドの保存期間』には、ヒストリ・データ(1時間ごとに平均値、最大値、最小値を集計したトレンド・データ)を保持する期間を指定します。グラフを表示した際に、保存してある期間分までを表示できます。

『値のマッピングの使用』を設定すると、監視データを見る際に「成功(1)、失敗(0)」のように、数値に分かりやすい文字列を添えて表示できます。この機能は、データ型が数値(整数)の場合に利用できます。数値に添える文字列の指定は、[値のマッピングの表示]リンクをクリックした際に表示される[値のマッピング画面]で定義します。

アプリケーションを設定することによって、アイテムをグループ化できます。1つのホストに多くのアイテムを登録する場合、アプリケーション設定で仕訳をすると、値の確認が容易になります。また、障害通知の条件を設定する際、アプリケーションごとに動作を変えることができます。

図4: ZABICOMの最新データ表示画面(クリックで拡大)

以上の設定が完了したら、[保存]ボタンをクリックし、アイテム設定を保存します。

同様に、Pingの応答時間を測定する場合は、アイテム・キーとしてicmppingsec[]を設定します。Pingのロス率を測定する場合は、アイテム・キーとしてicmppingloss[]を設定します。

Pingの応答時間アイテムの設定例 Pingロス率アイテムの設定例
キー icmppingsec[] キー icmppingloss[]
データ型 数値(浮動小数) データ型 数値(浮動小数)
単位 単位


 

ZABICOMは、大きな値や小さな値を収集した際、単位に文字が入力されていれば、自動的にSI接頭語を付加して表示します。

また、ZABICOMには、Pingのほかにも多数のアイテム・キーが存在し、それらを使用することで、より多くの監視項目を利用できます。設定可能なアイテム・キーの一覧は、以下のサイトを参考にしてください。

NTTコムテクノロジー株式会社 サービス企画本部NMSイノベーションシステム室 Zabbix認定トレーナー

社内でのvSphereによる仮想環境の構築、運用を担当、Zabbix公式研修の講師を務める他、ZABICOMオリジナルテンプレートの設計、ZABICOMによる運用効率化手法の検討などZABICOMのポテンシャルを引き出すことに注力。現在はZABICOMのプリセールス、ユーザーサポートを担当。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています